Sponsored Link

追いコンとは、高校や大学などを卒業し、部活やサークルを去っていく先輩に対して行うものです。

追い出しコンパの略語です。

仲の良い先輩や、お世話になった先輩であれば、追いコンに際して書くメッセージカードにはたくさん書くことがあります。

しかし、サークルの中には、あまり関わりのなかった先輩もいることでしょう。

そんな先輩にも、追いコンでメッセージを送らなければならないということがあると思います。

今回は、よく知らない先輩にメッセージを書くことになってしまった場合の、文例や、メッセージを書く時のポイントを紹介します。

高校や大学で部活やサークルに所属している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大学の追いコンでよく知らない先輩にメッセージを書くことになってしまった!

 

高校の部活などは、人数があまり多くない傾向があります。

また、毎日集まって活動するため、先輩とのかかわりも密になっていきます。

しかし、大学のサークルになると、授業がある日に参加するような方も多くなります。

そのため、同じサークルに所属していても、あまりかかわりがないという先輩も多くなります。

よく知らない先輩であっても、同じサークルにいるので、追いコンのメッセージカードを書かなければいけないという事態になることがあります。

メッセージカード(寄せ書き)を書く時のポイントは?

よく知らない先輩にメッセージを書く時のポイントを紹介していきます。

まずは、卒業を祝い、お世話になったことに対して感謝の言葉を書きましょう。

また、今後の幸せを願うような言葉を添えると、より良いメッセージになります。

文面の長さは、メッセージカードの大きさや、書く人の人数の多さによって変わりますが、長くても短くても、相手が嫌がるような言葉は書かないように注意してください。

メッセージカード(寄せ書き)の例文を紹介♪

メッセージカードの文例を紹介します。

・先輩、卒業おめでとうございます。〇年間お世話になりました。

先輩と、もっといろいろなお話がしたかったです。

近くに寄られたときは、サークルに来て、指導をお願いします。

・お世話になりました。

あまりお話する機会はありませんでしたが、先輩のプレイをいつも見させていただいていました。

先輩のようにかっこよいプレイが出来るように頑張っていきます。

本当にありがとうございました。

・○年間ありがとうございました。

これからも新しい環境で頑張ってください。

お体に気を付けてください。

・卒業おめでとうございます。

先輩の背中を見て、いろいろなことを学ばせていただきました。

本当にありがとうございました。

これからの益々のご活躍をお祈りしています。

・○年間お世話になりました。

先輩が築いてきた伝統を、精一杯守っていきます。

ありがとうございました。

まとめ

Sponsored Link

あまり知らない先輩にメッセージを書くのは難しいですが、紹介したポイントを踏まえてメッセージを送ってください。

卒業は新しい環境への一歩ですので、明るく送り出してくださいね。

 

Sponsored Link