Sponsored Link

エビには様々な種類があることをご存知でしょうか。

スーパーなどで見かけるエビは、ブラックタイガーや、バナメイエビなどが多いと思います。

ブラックタイガーなどでも、美味しい料理を作ることは可能です。

しかし、特別な日などは、もっと高級なエビを食べたいと思いませんか?

高級なエビといえば、ボタンエビが挙げられます。

あまり自分でさばくことのないボタンエビですので、手に入れても、どのようにさばけばよいのか分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、ボタンエビのさばき方に関して紹介していきます。

家で美味しいボタンエビを食べたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

また、刺身以外の料理も紹介しますので、チェックしてみてください。

ボタンエビの食べ方はやっぱり刺身がおすすめ?さばき方も紹介♪

ボタンエビを刺身で食べる場合は、ぜひ、見た目にもこだわりたいですよね。

そのためには、尻尾と頭は欠かせません。

指を上手に使って、頭と尻尾が切れてしまわないように注意しながら殻をむいてください。

甘く美味しいボタンエビは、やはり刺身で食べるのがおすすめです。

レモンの果汁でさっぱり食べると、ボタンエビの甘みをより感じやすくなりますよ。

ボタンエビの卵や頭は食べる?捨てる?

ボタンエビには捨てるところがありません

エメラルド色をした卵は、少し酸味がありますので、好き嫌いがはっきりと分かれると思います。

好きな人にとっては、たまらなく美味しいものです。

また、頭の中には、みそが詰まっています。

頭の上の部分の殻を外して、吸うと、何とも言えないみそのうまみを味わうことが出来ますよ。

刺身にする際などに剥いた殻も、捨ててはいけません。

お味噌汁を作る際に、一緒に入れると、ボタンエビの良い出汁が出て、とても美味しくなります。

さらに、唐揚げなどにしても、カルシウムが取れますし、子供が好きなおやつになりますよ。

刺身以外のおすすめの食べ方を紹介!

刺身でいただくことの多いボタンエビですが、他にも、簡単に美味しくいただくことが出来る料理があります。

それが、ボタンエビの塩焼きです。

お酒のおつまみにもってこいの料理ですよ。

ボタンエビを水洗いし、酒と塩を振ってしばらく置きます。

その後、予熱した両面焼きグリルで7から8分焼けば出来上がりです。

簡単に作れるのに、とても美味しいレシピですよ。

まとめ

Sponsored Link

ボタンエビは、高級な食材です。

手に入った場合は、ぜひ美味しく最後まで食べてくださいね。

ボタンエビは捨てるところがありませんので、様々な料理でボタンエビを楽しんでください。

Sponsored Link