Sponsored Link

近頃の韓国ブームで、韓国に遊びに行く方は多くなりました。

そこで、気になるのでは韓国のお食事事情ですよね。

ブームに乗って日本国内でも韓国料理を食べることができるようになりましたが、その中でもどう食べるのが正解なのかわからないものがあります。

今回は食べ方のわからない方が多くみえたサムゲタンの食べ方について調べてきたのでお伝えして行きたいと思います。

サムゲタン(参鶏湯)の正しい食べ方は?

正しい食べ方は、まず鍋からお肉を丸ごと取り出します。

少し塩分が足りないと思った方はここで塩胡椒を足してほろほろの鶏肉をある程度食べます。

そのあと鶏肉の中に一緒に入ってるお米をスープに浸して食べて行きます。

途中、鶏肉の中の骨が邪魔になってくるかと思いますので、テーブルに大体必ず置いてある骨を入れるものに骨を避けましょう。

スープに浸して食べる際のイメージとしては、日本でいう雑炊のようなイメージで食べて行くと迷うことなく食べ進めることができるでしょう。

韓国では骨まで食べるって本当?

これは嘘です。
韓国にも必ず骨を避ける皿や金物のばけつのようなものが各テーブルに置いてあります。

いくら柔らかく鶏肉が煮られているからといって骨まで食べる人は稀です。

人間の死亡例はありませんが、動物の中には骨の破片が腸を裂いてしまい死亡した例もあるとか…

ですので、柔らかいからと食べることは控えましょう。

サムゲタンの食べ方あれこれ♪美味しくなるアレンジ方法は?

サムゲタンは基本あまりの味のない料理なので、塩胡椒をかけるのは非常識なことではありません。

お肉を食べる時やスープを飲む際に少しずつ量を調整してふりかけるといいと思います。

また、日本人は冷えたビールがあるとより美味しいといった意見も多く挙げられていました。

もともと韓国では人参酒という人参のお酒と一緒にサムゲタンを食すようなので、真似をして一緒に食べてみるのもいいかもしれませんよ。

レトルトのサムゲタンで人気の商品は?

ランキング等で調べたレトルトのサムゲタンで一番人気だったのは、韓国宮廷料理の業務用のものでした。

どのサイトのランキングを見ても一番の人気でしたよ。

業務用のものということで、1キロの容量です。中にはひな鶏が丸ごと入っていて手間をかけることなくほろほろのお肉にありつけます。

次に人気だったものとしては、マニカーの参鶏湯800gのものです。
袋から鍋に投入、温めるだけで食べれるなんて夢のようですよね。

どちらもそこまで高いといった値段ではなく、マニカーの参鶏湯は1,000でお釣りが来ちゃうほどお安く手に入ります。

是非みなさんもこの機会にレトルトのものでサムゲタンにトライして見てはいかがでしょうか。

まとめ

Sponsored Link

韓国料理をあまり食べる機会がなくても、サムゲタンという名前は聞いたことがあり、今回記事にする上で調べて見ました。

とても体にいい食材や調味料で作られていますし、塩分などの味付けがないため子供から大人まで幅広い年代の食事で重宝されるのではないかと思います。

たった1,000円で本格的な味が家で味わえるのなら試してみる価値がありそうですよね。

Sponsored Link