Sponsored Link

 

3月になると、とうとう卒業のシーズンになってきますね。
しかし、その前にやらなきゃいけないのが卒業文集を書くこと・・・。
小学校・中学校・あるところでは高校と卒業の度に書くことになるかと思います。
いざ書くとなると何を書いたらいいのか、題目は何にすればいいのか、
書き出しは・・・と悩んでしまいますよね。

 

中学の卒業文集♪おすすめの題目はやっぱり部活動?

やはり部活動をしていた人は「部活動」を題目にするのが書きやすいと思います。
部活動なら、何を頑張ったのか、どんな成績を残せたのか、など
実際にあったことを元に書いていくことができます。
その他にも部活動を通じて、一番うれしかったこと、辛かったこと
学んだこと、思い出に残っていることなど。
誰しもあるかと思いますので、まずは何があったかを箇条書きで挙げて、
そのことに関して書いていくという風にすれば書きやすいかと思います。
書き出しに迷うかもしれませんが、書き出せばあっという間に完成しますよ。

文集の書き出しのコツは?


最初に何のことについて書くかを述べたり、ありきたりな文章で書き始めたりと。
最初はなんでもいいかと思います。
何も考えずに卒業までを振り返り、あっという間な3年間だった、であったり
この3年間部活動に力を入れてきました、など。

書き出しの例文を紹介♪


今回は題目を部活動にした場合の書き出しの例文を
3つほどご紹介したいと思います。

「長かったようで短かった中学校での3年間もとうとう終わりを迎えました。
今までの中学校3年間を振り返り、一番思い出に残っていることは、やっぱり部活動を頑張ったことです。」

 

「中学校3年間の学校生活の中で、僕が(私が)一番心に残っていることは部活動です。」

 

「僕は(私は)、部活動を通して○○なことや○○なことを経験でました。
部活動はけっして楽しいことばかりではありませんでしたが、辛い経験なども含め部活動を通じて経験することができてよかったと思っています。」

〇〇の部分には自分が部活動を通して学んだことを入れるといいでしょう。
・チームワークの大切さやコミュニケーションの大切さ
・努力し続けることの大切さや努力すること
・計画をしっかり立てて実行していくことの大切さ
・時間を守ることや集団行動の大切さ
などなど・・・部活動を通して個々に学んだことがあるかと思いますので、
当てはめてみてください。

まとめ

Sponsored Link

中学校3年間を振り返り書く卒業文集。
後で見返しても恥ずかしくないように、しっかりと書くようにしましょう。

 

Sponsored Link