Sponsored Link

卒業式の日は、今まで通っていた校舎や友人、そして先生とのお別れの日です。

毎日のように通っていた学校を卒業することは、とても悲しいことですが、新しい世界への第一歩です。

この卒業を迎えるまで、きっとたくさんの先生方にお世話になり、支えてもらったことでしょう。

担任の先生には一番お世話になったと思います。

そこで今回は、卒業式の日に担任に手紙を書きたいと思っている方に、手紙を書くポイントや例文を紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

卒業式で担任に手紙を贈る♪書き方のコツはある?

担任の先生に手紙を書く時に一番大切なことは、感謝の気持ちを伝えるということです。

目上の人に手紙を贈る場合、形式や言葉など、注意しなければいけないことが多いと、書きにくくなってしまいます。

卒業式に贈る手紙の場合は、細かい形式などは考えなくてよいでしょう。

自分の気持ちをストレートに表現することが最も重要です。

書き方のポイントは、具体的に、先生にどのようなことを教わり、どのようなことでお世話になったのかを記すということです。

そうすることによって、感謝の気持ちが、より伝わりやすくなります。

達筆の方には挑戦してほしい!

動画のように、色紙に感謝の言葉を書き込むとができれば、想いをしっかりかつおしゃれに伝えることができます。

学校の先生でけでなく、社会人の方であれば上司にも喜ばれそう。

 

例文を紹介

〇年間、お世話になりました。

先生は、いつもやさしく、そして厳しく私に様々なことを教えてくれました。

授業では、先生の楽しい話に夢中になり、少しだけ勉強を好きになることが出来ました。

友達との関係がうまくいかずに悩んでいた時は、どうすればよいのかを一緒に考えてくれました。

先生が私の支えになってくれたから、学校を楽しむことができたと思います。

これから、〇〇に進学しても、先生に教わったことを胸に刻み、頑張ります。

本当にありがとうございました。

サプライズな手紙の渡し方はある?

生徒からの手紙は、普通に渡されても感動するものですが、先生にサプライスをしたいと思うのであれば、宝探しのようにするというのはどうでしょうか。

自分が何かをなくしたというウソをつき、先生に一緒に探してもらいます。

しばらく探して、先生に、そこの棚の中を見てみてくださいなどと、自然と手紙を隠した場所に誘導します。

棚の中を見たときに、先生への手紙があることがはっきり分かるようにしておきましょう。

急に手紙を見つけた先生は、びっくりするとともに、とても感動してくれることでしょう。

まとめ

Sponsored Link

卒業式に担任の先生に手紙を贈るということを考えている時点で、その先生はとても幸せ者です。

手紙の内容は、自分の気持ちを素直に伝えることが大切です。

あまり、神経質に考えすぎず、いつも先生に話すような気持で書くと、想いが伝わる、素敵な手紙になると思いますよ。

Sponsored Link