Sponsored Link

寒い季節になってくると、お鍋が食べたくなりますよね。

家族大勢で囲む鍋は、心も温まります。

しかし、一人暮らしや、ご飯を一人で食べる方には、なかなか鍋をする機会がないことでしょう。

そんな方におすすめなのが、吉野家の牛すき鍋です。

手軽に美味しくて温かい鍋を楽しむことが出来ます。

今回は吉野家の牛すき焼鍋について紹介します。

気になる持ち帰りの情報もありますので、ぜひチェックしてくださいね。

2017吉野家のすき焼き鍋はいつからいつまで販売される?

吉野家の牛すき鍋は、冬にしか登場しない、期間限定のメニューです。

では、2017年はいつから販売が開始されるのでしょうか。

11月1日(水)より販売が開始されています。

いつまで楽しむことが出来るのかは、はっきり発表されているわけではありませんが、4月からはメニューが春のものになるため、冬季限定商品である牛すき鍋を食べることが出来なくなるでしょう。

店舗によっても、販売の時期は異なるそうですよ。

吉野家のすき焼き鍋の評判は?美味しい?

吉野家の牛すき鍋の特徴は、大きなサイズの牛肉をとたくさんの野菜です。野菜は、一日に必要な野菜の半分が摂れてしまうほど、多く入っています。

並盛が650円、大盛が750円というリーズナブルな価格で販売されているところも魅力の一つです。

吉野家の牛すき鍋は、とても人気が高いメニューです。

大きなお肉や豊富な野菜がその理由でしょう。

また、牛すき鍋に欠かせないうどんも、平打ち麺が使用されているため、最後に食べてもふにゃふにゃにならず、美味しくいただけます。

すき焼き鍋も持ち帰りできるの?

吉野家の商品は、持ち帰りすることができるものが多いという特徴があります。

牛すき鍋も、2016年から、持ち帰りをすることが可能になりました。

また、お持ち帰り限定の商品も展開しています。

牛鍋ファミリーパックというものです。このメニューは、牛すき鍋の牛だけを持ち帰るというものです。

並盛4食分のお肉が入って、980円という価格で販売されています。

吉野家の牛すき鍋のおいしさを家でも味わってほしいという思いで開発されたようです。

大勢でなべを囲む際は、テイクアウトのお肉だけを注文してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

Sponsored Link

冬になると食べたくなる鍋ですが、最近では、単身の家庭も多いため、なかなか鍋が出来ないという人もいると思います。

そんな方には、吉野家の牛すき鍋をおすすめします。

ひとり分なので、残すこともなく、最後まで美味しくいただくことが出来ます。

テイクアウトもできますので、家で食べるのも良いかもしれんせんね。

Sponsored Link