Sponsored Link

日本の大手菓子メーカーである「ブルボン」
ブルボンのお菓子といったらあなたは何を思い浮かべるでしょうか?
個人的にはアルフォート・ブルボンのプチシリーズなどなど・・・
沢山ありますが、パッケージやお菓子がおしゃれな雰囲気があるものは
ブルボンの商品というイメージを持っています。

さて、今回は皆さん一度は目にしたこと、食べたことがあるだであろう
「ルマンド」ボロボロなりますが、軽い触感で何本でも食べれちゃいますよね♪
余談ですが、ルマンドのアイスというのもあります。

 

ブルボンの名前の由来や意味は?


現在はブルボンの名前ですが、実は以前はパルミという会社でした。
1989年6月1日より現在の会社名「ブルボン」に改めています。
ブランド名はフランス王朝のブルボン家をイメージした、と言われていますが
命名した方がすでに亡くなってしまっているので詳細は不明なようです。

さて、ルマンドは1974年から販売している商品。
名前の由来ですが、実は造語なので意味を持っていません。
ブルボンの三代目の社長によりつけられた名前ですが、
高級感のあるフランス語のようなイメージをということで、
「ルマンド」という造語が作られました。
これが由来ではないかという話では、
フランス語に「ル・モンド」という「世界」意味を意味する言葉があります。
このル・モンドに由来しているのではないかという話です。

ブルボンのきれいな食べ方(袋の開け方)を紹介♪


サクサクした軽い生地でおいしいルマンドですが、ボロボロなってしまうのも特徴。
袋を開ける時にルマンドの角に引っかかりボロボロ・・・という

経験が食べたことがある方ならわかるはずです!

せっかくならきれいな状態で食べたい・・・
きれいに食べる方法はないだろうか・・・と
探していたところありました!

 

それがこちらの動画!!!

なぜいつも縦や横に開けようとしていたのか・・・
この方法が思いつかなかったことにショックでした。

とても簡単な方法なので是非とも食べる際には
この動画の開け方で食べてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

Sponsored Link


大手菓子メーカー「ブルボン」のお菓子の1つである『ルマンド』
ルマンドは高級感のあるフランス語のようなイメージをということで
ブルボンの三代目の社長によってつけられた造語です。
サクサクでとても美味しいルマンドですが、ボロボロなるのも特徴。
しかし、動画の袋の開け方さえマスターすればストレスなく
きれいに食べることができそうです!

是非とも食べる際には実践してみてください。

Sponsored Link