Sponsored Link

2018年の元旦は、初日の出を見に行こうと考えている方も多いかもしれません。全国で初日の出が見られる場所はたくさんあります。

今回は、九十九里浜で初日の出を見たいと考えている方に、おすすめのスポットや混雑状況、また、駐車場などもご紹介します。

 

初日の出の時間などの情報も紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

2018年の九十九里浜♪初日の出の時間は?

 

2018年、千葉県の初日の出が見られる時間は、6時48分です。そのため、少なくとも6時30分くらいまでには、九十九里浜の初日の出が見られる場所についておく必要があります。

しかし、当日はかなりの混雑が予想されますので、もっと前もって現地に到着しておくのがベストです。1月1日ということもあり、当日はとても寒くなります。

 

防寒の対策をしっかりと行って初日の出を見に行ってください。せっかくの初日の出が、寒くて見られなかったということがないように気を付けましょう。

 

おすすめの絶景スポットを紹介♪

九十九里浜は刑部岬から太東岬までの約60キロ続く海岸線です。海岸ですので、どの場所からも初日の出を見ることが出来ます。海岸からのぼる日の出はまさに絶景です。

日本で2番目に見られる初日の出ということで、とても人気のあるスポットです。その中でも、九十九里浜の海岸線のほぼ中央に位置する九十九里町はお勧めのスポットです。

初日の出に合わせて、イワシの丸干しが無料で配布されるなど、ラッキーなことがありますよ。

 

絶景スポットの混雑状況は?

九十九里浜は、初日の出の人気スポットですので、混雑が予想されます。車で移動される方が多いと思いますので、早めに出発すると良いでしょう。もし、早くついてしまった時のために、時間をつぶすことが出来るものを持って行っておくと良いかもしれません。

東京からの車が混雑すると、九十九里浜の前のアクアラインで渋滞に巻き込まれてしまう可能性があります。そこをクリアすれば、九十九里浜は広いので、穴場はあります。

テレビでよく見る屏風ヶ浦などは非常に混雑することが予想されますが、規模の小さい作田海岸などは、ゆっくりと初日の出が見られるかもしれません。事前に、確認しておくと良いでしょう。

絶景スポットの最寄りの駐車場は?

九十九里浜の夏は、海水浴を楽しむ方でにぎわいます。そのため、駐車場はたくさん用意されています。海水浴場には駐車場が併設されていることが多いので、駐車場に困ることはないでしょう。

しかし、初日の出を見に、たくさんの方が来るため、当日、到着が遅れてしまうと、停められなくなってしまうかもしれません。時間に余裕をもって行動してください。

まとめ

Sponsored Link

日本人にとって、初日の出は縁起の良いものであるため、見に行く方も多いと思います。できる限り良い場所で、最高の初日の出を見ることで、一年のスタートを気持ちよくきることが出来ます。

初日の出は、天気にも左右されるため、も味方にしなければなりません。素敵な初日の出が見られるように、事前の準備をしっかり行ってくださいね。

Sponsored Link