Sponsored Link

寒い冬はまもなく到来!
家の中でもなかなか温まらなくて困っている方も多いと思います。

ご家庭ではどのような暖房器具をお使いでしょうか?
エアコンが圧倒的に多いと思います。
スイッチ一つで簡単操作、火事にもならず、今やフィルターの掃除もしなくていいものも多いので忙しい主婦の強い味方です。

反面、昔からの不動の人気のこたつをお使いの方も多いと思います。
こたつってやっぱり落ち着きますよね。
寒い日にこたつに入ってゆっくりしているだけでとても幸せな気分になれます。

普通に使うだけでも十分なのですが、こたつの敷き布団のこだわりによって更に快適度が格段に違うようです。
今回はこのこたつ敷き布団について考えてみたいと思います。

こたつ敷き布団の役目

昔の日本はたたみの部屋がほとんどでした。
現代はフローリングの部屋が圧倒的に多くなりました。

フローリングだと、
敷き布団がないとせっかく温まった空気がフローリングを通して逃げてしまいいつまでも温まらないのです。

こたつに電源入ってるのにはいった瞬間に冷たい!なんてことになりかねません。

そのため敷き布団が必要なのです。
できれば断熱シートを敷いた上に敷き布団を敷くと効果がアップするのでオススメです。

最近はかけ布団と敷き布団がお揃いのものも出回っていますのでセットにするととってもおしゃれになりますよ。

こたつ敷き布団はどういうものを選んだらよい?

Sponsored Link

好みがあるため一概にはどれがいいとは言い切れませんが私がオススメは以下のような感じです。

・洗濯しやすいもの
敷き布団ゆえ床におきっぱなしになる可能性が高いですね。
床ってすぐに汚れがち、まめに掃除しないとちりやほこりも敷き布団についたままで
「ちりやほこりまみれの敷き布団」の上で休憩することになり不衛生です。
そのためまめに洗濯できるものがオススメです。
洗濯機で洗えるものもたくさん売っています。

・ふかふかしているもの
敷き布団といえどもただ敷けばいいというものではありません。
クッションや座布団を使う人も多いと思いますが敷き布団の上に直接座るとなればある程度厚み、
クッション性はあったほうがいいと思います。

床の上にじっと座ってるとお尻が痛くなりませんか?
固い椅子にずっと座っているのと同じような状態になります。
そう、エコノミー症候群に似た感じともいえるかもしれません。

・保温性の高いもの
せっかくこたつに入っても温まらなければ何もいみがありません。
素材によって温まり方がだいぶ違います。
また柄や色を優先して選ぶ場合は敷き布団の下に断熱シート等を入れることにより
保温性はだいぶアップしますのでお試しください。

最近はデザイン性もすぐれながらも素材がいいものもだいぶ増えてきました。
ご家族みんなでくつろいでいただくためにも、よい敷き布団に出会えることを祈るばかりです!

Sponsored Link