Sponsored Link

気が付けば、12月がだんだんと近づいてきますね!
近頃また一段と寒い日が続いてますし、札幌では雪が降り始めたそうで、
今年も雪シーズンの到来です(^^)

そこで気になるのが、『こんこん』『しんしん』という言葉!
雪の降る頃によく耳にしませんか?
ということで、調べてみたいと思います!!

雪が『こんこん』とはどんな意味?

まずよく言われているのが、『こんこん』です!
『こんこん』とはどんな意味なのでしょうか?

よくいわれるのは「雪やこんこん」ですが、
調べてみると、『こんこん』とは「来ん来ん」といい、「降れ降れ」という意味なんだそうです!

雪が降った時に、子供たちが喜ぶ風景も含まれているということですね~♪

雪が『しんしん』とはどんな意味?

では、次によく言われる言葉として『しんしん』というのもよく聞きますね!

調べてみると、『しんしん』とは、「深深」といい、深くひっそりというような情景といいますか、静かな様子ということで、静かで音もなく降る雪の様子なんだそうです!

こんこんとしんしんで意味の違いはある?

『こんこん』『しんしん』の意味を観てきましたが、違いとして、
『こんこん』降れ降れという気持ちを表した言葉で、
『しんしん』は静かな様子を表した言葉なのではないでしょうか!

雪(童謡)の歌詞をひらがなで紹介!

そこで、雪といえば童謡がありますが、みなさん一度はきいたことがあると思います!
こちらでは、童謡『雪』の歌詞を載せてみたいと思います!

童謡 『雪』
ゆうきやこんこ あられやこんこ
ふってはふっては ずんずんつもる
やまものはらもわたぼうしかぶり
かれきのこらずはながさく

ゆきやこんこ あられやこんこ
ふってもふってもまだふりやまぬ
いぬはよろこび にわかけまわり
ねこはこたつでまるくなる

この『雪』という童謡は、作詞、作曲共に作られた方が不明という謎の多い曲なんです!
また、「雪やこんこん」と思われてる方が非常に多いと思いますが、「雪やこんこ」が正解なんです!

意味は、『こんこん』と同じようで、雪よ早く降ってといような意味が込められているようですね♪

まとめ

Sponsored Link

 

『こんこん』「来ん来ん」から「降れ触れ」といった気持ちを表した言葉!
『しんしん』「深深」から静かで音のない様子を表した言葉!
・童謡『雪』「雪やこんこん」は、「雪やこんこ」であった!

 

調べてみると新しくわかることって、まだまだたくさんあるなと感じました!!
気軽に使ってましたが、意味を知るとより気持ちが伝わりますよね~♪
間違えて歌っている人がいたら、どや顔で教えてあげたいと思います(*‘∀‘)

Sponsored Link