Sponsored Link

寒い時期になってくると、だんだん増えてくるのが、インフルエンザですよね。

感染すると、高熱が出るため、とてもつらいです。

毎年、小学校や中学校では学級閉鎖や学年閉鎖などになり、大きな影響があります。

大人の方も、インフルエンザに感染することがあり、一度感染して発症すると、長い間、会社を休まなくてはいけません

そのようにならないためにインフルエンザの予防接種を受ける方も多いのではないでしょうか。

今回は、インフルエンザの予防接種料金は会社負担になるのか、また、家族の分も経費になるのかなどを説明します。

インフルエンザの予防接種料金は会社負担にしてくれるもの?

インフルエンザの予防接種に関しては、法律で事業主が負担しなければならないという定めはありません。

そのため、勤めている会社が判断するものです。

会社側から、予防接種を勧められている場合であっても、受けるかどうかは本人の判断ということになります。

会社によっては、費用を全額負担するところや、一部負担のところなどがあります。

しかし、決まりはありませんので、会社側から予防接種の費用の負担がなくても、文句は言えないのが現状です。

会社は家族の予防接種料金まで負担してくれるの?

会社でのインフルエンザの流行を防ぐためには、従業員の家族のインフルエンザに関しても気にする必要があります。

しかし、家族にまで会社の指揮に従わせることはできません。

そのため、予防接種を義務付けすることは難しいでしょう。

また、社員の予防接種料金を負担する会社が少ない中、社員の家族の分まで料金を負担してくれる会社は、あまりないと思います。

予防接種を受けるかどうかは、本人次第です。

予防接種を強制される会社はある?家族まで強制されるって本当?

会社側からすると、長期間社員に休まれることは、業務に支障が出るため、インフルエンザの予防接種を受けて欲しいと思います。

実際に半ば強制的に予防接種を受けさせている会社も存在するようです。

しかし、インフルエンザなどのワクチンの接種は、個人の自由なのです。

たとえ務めている会社であっても、予防接種を強制してはいけません。

予防接種を受けることによって、重大な健康被害に悩まされてしまう方もいますので、判断は、必ず自分で行ってください。

まとめ

Sponsored Link

予防接種を受ける際、会社側がその費用を負担しなければならないという法律はありません。

しかし、会社の都合で社員にワクチンの接種をさせるわけですから、全額ではないものの、費用を負担してくれる会社もあるようです。

予防接種を受けるかどうかは、自分で判断する必要があります。

もしも受けたくない場合は、その旨を会社に伝えてください。社員であるからと言って、受けなければいけないという決まりはありません。

自分の判断で決めてくださいね。

Sponsored Link