Sponsored Link

2月の大きなイベントでもある『節分』
毎年豆まきをする幼稚園や保育園が多いのではないでしょうか?
節分の豆まきは「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆をまきます。
年齢の数だけ豆を食べたりもしますよね。
日本では昔から、季節の変わり目になると邪気(鬼)が生じると考えられており、
邪気を追い払うために古くから豆まきの行事が行われてきました。

 

保育園の節分豆まきで子供が鬼役に?手作りの衣装が必要?


豆まきの時の鬼役は幼稚園や保育園の先生が行うところが多いと思いますが、
子供が鬼役をするというところもあるかもしれませんね。
衣装に関しては、毎年の行事なので衣装があるところもあるかと思います。
もしくは、幼稚園や保育園側から衣装が必要と言われた場合には衣装が
必要になってきます。
ネット通販などで子供用の鬼の衣装などもあり入手は簡単にできますが、
手作りでないといけないのか・・・という点に関しては
その幼稚園や保育園で違うと思いますので、一概には言えません。

 

鬼のお面の作り方【動画】

実際に鬼のお面の作り方を紹介している動画を2つ程ご紹介します。
まずは比較的短時間で簡単に作れるこちらの動画

「鬼のお面」で検索した画像や、「鬼のお面印刷」などで検索すれば

色んな鬼のお面がでてきますので好きな鬼をみつけて印刷してみてください♪

 

続いて、パソコンや印刷機がない!という方にはこちらの動画。

材料が必要になってきますが、動画で丁寧に紹介されておりわかりやすいです♪
そして、なにより可愛い!そしてオリジナリティーもあります!
色んな鬼を作りたくなってしまいますね♪♪

 

鬼のパンツの作り方【動画】


鬼のお面ができたら、次は鬼のパンツ。
鬼と言ったら黄色のしましまパンツのイメージが強いですよね。

100円均一で材料が揃いますので安価に作ることができます。
動画の前半は鬼の頭の作成になってますので

パンツの作成部分は動画の2:40秒からです。

黒い模様をどの配置でつけたらいいかわからない・・・
という方は最初からトラ柄の模様がついている布を使い
生地を裁断後、お好きな縫い方で縫い付けゴムを通せば
より本格的な鬼のパンツが完成しますよ♪

 

まとめ

Sponsored Link


毎年の節分行事でお面を被って豆まきするだけでは
飽きてきた・・・という方こそ手作り衣装!
思い出にも残りますし、お子さんと一緒にお面作りをすれば
コミュニケーションにもなりますよ♪
鬼のお面だけでなく鬼の定番のトラ柄パンツを
プラスすることで節分感がよりでてくると思います。

 

Sponsored Link