Sponsored Link

寒い季節に重宝するのが使い捨てカイロです。簡単に暖を取ることが出来ますので、とても便利ですよね。

最近では、様々な種類のカイロが登場しています。用途や使い勝手によって使い分けているという方も多いかもしれません。

国内旅行や海外旅行に行く際は、機内の温度が寒いということや、旅行先で寒さに見舞われるということも考えられるため、予備として持っていたいものです。

しかし、ここで気になるので、飛行機内にホッカイロは持ちこむことが出来るかということですよね。

今回は、飛行機内にホッカイロが持ち込めるのか、また、ホッカイロの成分は何なのかを紹介します。

飛行機で旅行する予定のある方はぜひ参考にしてください。

ホッカイロは飛行機内に持ち込めるの?国際線でもOK?

結論から言うと、飛行機内にホッカイロを持ち込むことは可能です。しかし、持ち込む際には注意点もあります。

ホッカイロには、手に持って使用するタイプと、貼って使用するタイプがあります。開封していない状態であれば、手荷物に入れて、機内に持ち込むことが出来ます。

しかし、気を付けたいのは、ホッカイロの成分には少量の金属成分が含まれているということです。張るタイプのカイロを体に張ったままだと、金属探知機で引っかかってしまう可能性があるのです。

そのため、ホッカイロを張る場合は、金属探知機を通過した後にした方が良いでしょう。

ホッカイロの中身は何?

ホッカイロには様々な種類があります。ものによっては飛行機内に持ち込むことが出来ない場合がありますので、しっかりと確認して下さい。

・電気カイロ

電気カイロはパソコンなどと同じ扱いになりますので、手荷物に入れることで飛行機内に持ち込むことが出来ます。

電気カイロは充電式のため、古くなると発火の原因となりますので注意して下さい。

・オイル式カイロ

オイル式カイロは電気カイロよりも熱を発します。金属板の化学変化を利用して熱を発生させます。

化学反応が起きる液体の持ち込みは禁止されているため、オイル式カイロは飛行機内に持ち込むことが出来ませんので注意してください。

・使い捨てカイロ

使い捨てカイロの成分の多くは鉄の粉です。鉄の粉が酸素に触れることによって酸化します。鉄の粉が酸化鉄になる過程で熱を発生させるため、温かくなります。

まとめ

Sponsored Link

カイロはとても便利な暖房器具です。使い方を守れば、危険なものではありません。安心して使用してください。

国際線であっても国内線であっても、飛行機内の持ち込みができます。

持ち込む際は、手荷物の中に入れてくださいね。

Sponsored Link