Sponsored Link

日本には、伝統として受け継がれている行事がたくさんあります。その一つに、ひな祭りがあります。

私の家でも、お雛様を飾り、歌を歌ってひな祭りを過ごしていた記憶があります。

ひな祭りの際、菱餅を見たことがある方は多いと思います。ひな祭りには欠かせないものですが、どのような意味があるのでしょうか。

今回は、ひな祭りの菱餅について、その役割や色の意味を紹介していきます。

日本の伝統的な行事ですので、ぜひ知っておきましょう。

ひな祭りの菱餅ってどんな役割があるの?

ひな祭りは日本の節句の一つです。昔から、節句の際は、お祝い料理がふるまわれるという風習があります。

ひな祭りの時のお祝い料理は縁起物ばかりです。

ひな祭りは女の子の健やかな成長を喜び、祝うという意味のある行事です。そのため、雛人形と菱餅を飾るのです。

ひな祭りの祝い料理は菱餅のほかにも、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、甘酒やひなあられなどを食べる習慣があります。

赤白緑の3色の意味は?順番も決まってる?

菱餅の色は、赤、白、緑と決まっています。

それはそれぞれの色に意味があるからです。

赤は解毒作用のあるくちなしの実を使って作られていことから、厄払いの意味があります。

白は白餅に加えられる菱の実の効果から、清浄や純白、残雪の意味があります。

緑は、草餅に使用されるヨモギの効果から、長寿や芽吹きの意味を持ちます。

菱餅の色にはそれぞれしっかりとした理由があるのです。また、重ねる順番にも意味があります。地域によって、重ね方に違いがありますが、それぞれにきちんとした意味を持っています。

上から赤 白 緑

雪の下に緑が芽吹き、雪の上には桃の花が咲いている

 

上から赤 緑 白

雪の下から新芽が顔を出し、その上には桃の花が咲いている

どちらもきちんとした意味があるのですね。

オレンジ黄色の5色もあり?それぞれの意味は?

最近は3色の菱餅に加え、5色の菱餅も出てきています。

今までの赤・白・緑に加え、オレンジ・黄を合わせて5色です。

オレンジと黄色にも意味がきちんとあるのです。

オレンジには、太陽という意味があり、黄色には、月や菜の花という意味があります。

黄色やオレンジの色が入ると、菱餅が、より明るい印象になります。

まとめ

Sponsored Link

ひな祭りは、女の子の健やかな成長を願う、大切な行事です。ただお祝いをするだけではなく、お祝いに使用するものの意味や、食べる料理に込められた願いなどを知ることで、より行事を楽しむことが出来ます。

ひな祭りで飾られた菱餅は、もちろん食べることが出来ますので、しっかりと行事を済ませた後は、美味しくいただいてくださいね。

Sponsored Link