Sponsored Link

バレンタインデーは、女性が好きな人に気持ちを伝えるとともに、チョコレートを渡すという日です。日本でもかなり根付いてきたイベントですので、知らない人はいないのではないでしょうか。

以前は、高校生や中学生の女子たちのイベントでしたが、最近では、小学生や幼稚園児の女の子もバレンタインを知っています。

好きな男子が学校内にいる場合、学校でチョコレートを渡そうと思っている人も多いと思います。

しかし、学校によっては、禁止されているところもあるようです。

今回は、チョコを持っていってはいけない理由などを紹介していきます。

学校でバレンタインチョコの持ち込みが禁止されるって本当?

基本的に、幼稚園や小学校、中学校や高校などでは、バレンタインの日に、チョコを持ち込むことが禁止されています。一部の寛大な学校では、特に禁止などしていないという学校もありますが、ほとんどの学校では禁止されています。

しかし、これは学校独自のルールで、法律で禁止されているわけではありません。

バレンタインの日に学校にチョコを持っていったからと言って、法律で裁かれることはありません。

しかし、学校の規則に従って罰を受ける可能性はあります。

禁止される理由は?ルールを破るとどうなる?

禁止の理由は様々です。

一番の理由は、学校は勉強をするところだから、チョコは必要ないというものでしょう。

また、バレンタインのチョコを手作りする人がいるため、食の安全を確保できないという理由もあるようです。

さらに、公平さに欠けるという部分もあるようです。チョコをもらえる人ともらうことが出来ない人がいると、不公平であるという考え方です。

どれも、学生が納得できるような理由ではない気がしますが、校則には従わないといけません。

バレてしまうと、学校が定めた罰則を受ける可能性もありますので注意してください。

実際は、口頭注意だけで済むところが多いようです。

学校の先生にバレない渡し方やバレない場所はある?

学校に持っていくことは基本的に禁止されていますので、お勧めはしません。

しかし、どうしても学校でチョコを渡したい場合は、放課後に渡した方が良いでしょう。

朝一に机のなかに隠しておくという方法もありますが、もし、友人にバレてしまったら、相手の男の子は一日中冷やかされてしまいます。

また、中学生で、部活動をしているのであれば、部室で渡すと良いでしょう。部室には先生はほとんど入っていきません。

まとめ

Sponsored Link

バレンタインのチョコを学校で禁止されているのであれば、チョコ以外の、手紙などを相手に贈るのはどうでしょうか。それであれば、学校で禁止されていませんし、思いを相手に伝えることもできます。

大切なのは気持ちを伝えるということですので、校則を破ってまでチョコを渡す必要はないかもしれませんよ。

どうしても渡したい場合は、放課後の時間にこっそり渡してくださいね。

Sponsored Link