Sponsored Link

今や飛行機は日本国内・世界と遠く離れたところに行く
移動手段として欠かせないものとなりました。

仕事で毎日のように飛行機に乗る、という方もいるのではないでしょうか。

 

雪でも飛行機は飛ぶの?


雪によって飛行機は運航が遅れたり、または欠航になることがあります。
飛行機の離着陸時に雪は影響を与えます。
飛び立つ滑走路の状態であったり、視界や風の状況であったり、飛行機自体の状況であったり。
雪が降ると飛行機の整備士たちは、機体に除氷液や凍結防止剤をかけ
翼に雪が積もらないよう、凍結しないよう対策をします。
翼に雪が積もったり、翼が凍ってしまうと、翼の形が変わってしまい

揚力がうまく発生しなくなります。
最悪の場合には墜落する可能性も考えられます。

 

飛行機が飛ばない時(欠航)の基準は?


飛行機の欠航の基準は3つです
・飛行機の状態
・滑走路の状態
・視界と風の状態

『飛行機の状態』

機体と雪の状態によって決まります。
除雪作業や凍結を防ぐ作業が間に合わなければ多くが欠航となります。

『滑走路の状態』

基準に関しては、国土交通省よりしっかりとした数値が示されています。
滑走路が数値の状態になった場合は離着陸をしてはいけないと決まっています。

『視界と風の状態』

離着陸時に強いなどが吹くと事故につながります。
また、降雪量が多くなり見える視界の距離が短くなっても、着陸できなくなります。
飛行機は視界不良には弱い乗り物となります。

 

雪の影響で飛行機は揺れたりする?


雪雲の中は揺れるが揺れっぱなしではないようです。
また、雪よりもの状況が揺れには関係してくるようです。

揺れるかどうかは、雪よりも風でしょうね。
雪が降る場合に多い、西高東低の冬型気圧配置の場合は
やはり風が強く吹きますから飛行機はゆれますよね。

 

飛行機VS新幹線!どっちが雪に強い?


状況によってどちらが強いか変わりますが、
色んな要素で考えてみると新幹線が雪に強いでしょう。
・欠航しない率なら新幹線が強い
・陸路がなくなれば飛行機が強い(空の道という空間を移動できる強みがある)
・空港が雪や吹雪で閉鎖されれば新幹線が強い

どちらにしろ、大雪や強い風などが吹くと
飛行機も新幹線も欠航や運航見合わせなどになる可能性はあります。

 

とめ

Sponsored Link

 

飛行機が欠航する基準は「機体の状況・滑走路の状況・風と視界の状況」
飛行機と新幹線のどちらが雪に強いかは、状況によって変わり
ケースバイケースです。

一番安全な乗り物、とまで言われることもある飛行機ですが天候には逆らえません。

安全第一で欠航の判断などがされているので理解を示したいところですね。

Sponsored Link