Sponsored Link

 

この記事を書くにあたり、まず驚いたのはタイトル!

彼女に年賀状を律儀に送る人っているんだ!?
と素直に驚きましたw

彼氏から年賀状を受け取ったことのない私ですが、彼女の立場からどんな内容がいいのか、実家で両親と同居の彼女にはどんな注意点があるのかを細かく紹介していきたい思います。

礼儀正しい!と思われる項目がいくつかあるので要チェックです!

年賀状を彼女に送る!彼女に喜ばれる内容は?

まず、私が思うのは年賀状を彼女に送ろうとするその心意気が、彼女は喜んでいると思います♪

ですが、せっかく年賀状を彼女に送るならがっかりはさせたくないですよね。

まずは、手書き!
これは喜びポイントになります。

パソコンで印刷しただけなら、誰にでもできますしただ印刷しただけならすぐ書き終えてしまいますよね。

ですので、しっかり気持ちを込めて手書きをすること!
字に自信がない場合は、大事な新年の挨拶などはパソコンで印刷して、今年もよろしくねなどの簡単な文章だけでも手書きすることをおすすめします。

ラブラブな内容は、彼女が実家暮らしじゃなくとも引かれるかもしれません…
ですので、控えめを心がけでくださいね。

自分の趣味を押し付けるようなデザインのものは避けて!
でも、センスのいいものなら関心が集まりそうです♪

落ち着いたイメージを植え付けるような、そんな年賀状にしましょう。

おすすめのメッセージの文例を紹介

ここで例文をご紹介しますね♪

「新年あけましておめでとうございます。
昨年は、楽しい日々を送らせていただき本当に感謝しています。
今年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。」

といった文言のあとに、手書きで日頃の感謝を伝えることや今年もよろしくといった言葉を添えるといいでしょう。

また、彼女が実家暮らしの場合は、

「新年明けましでおめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。」

といったシンプルな文言を選び、手書きで「家族の皆様にもよろしくお伝えください」といった文章をそえるといいでしょう。

両親のいる実家には送らないほうがいい?送る場合に注意すべき点は?

彼女の家族関係も関係してくるかと思います。

彼女の両親が、彼氏がいることを知っているのだとしたら送った方が好印象と考えます。

私の実家は、父が年賀状を見ない人なので彼氏がもし送ってくるタイプの人でも多分気づかないし、母から知らされても知らんぷりしそう…

でも年賀状を送る事自体、母親からしたら好青年の印象をもちます。

ですので、送れるのであればしっかり送った方がいいでしょう。

注意すべき点としては、ラブラブな文章や自分でも恥ずかしくなるようなことは年賀状には書かないこと。

字に自信がない場合は短い文章だけ手書きをすること。

普段彼女と話すような口調そのままに文章を書くのではなく、かしこまった言い回しにすること。

といった部分を注意すれば大丈夫ですよ。

まとめ

Sponsored Link

調べてみて驚いたのは、やはり彼女に年賀状を送る彼氏が意外にも多くいらしたことです。

まめな方もいらっしゃるんだなあ…としみじみ思いながら書いていました。

娘の彼氏からいつか年賀状が来たら、感心しちゃうだろうなと思いますw

Sponsored Link