Sponsored Link

 

シルクスイートと聞くと何やら美味しそうな加工されたスイーツのようで勘違いしてしまうかもしれませんが、これはサツマイモの一種です。

とても甘み強いさつまいもで、人気が高い品種なっています。

今回はそのシルクスイートと味や特徴、産地といった情報を細かくお伝えしつつ、美味しく食べる方法をご紹介していこうと思います。

シルクスイートの味の特徴は?

シルクスイートの木になる味は、上品な甘さ。
しつこいぐらいの甘みとは違い、つぎの一口が楽しみになる程よい甘さです。

さつまいも自身に収穫からすぐは水分が少なく、焼き芋にしてホクホク感はあってもパサパサになってしまいます。
ですが、収穫して何週間か保管しておくことで甘みます上にしっとりねっとりとした見た目で甘さが伝わってくるような感じへと変貌を遂げます。

シルクスイートの産地は?

実はシルクスイート歴史は浅く、品種改良されてできたのは2012年です。
ですが、発売してから人気がうなぎ登り中なので、産地は日本各地に広まりつつあります。

最初は産地として茨城や福島といった関東地方が主でした。

シルクスイートの収穫時期と旬な時期は、日本各地に産地がある今多少のズレがありますが、9月下旬から10月に収穫を行うのが最も多いです。

旬になるのは、収穫から1ヶ月程度保存された糖分と水分をより多く含んだ11月から2月となっています。

これは各地方によって変動することもありますが、寒い時期の糖分を多く含んだシルクスイートをぜひ食べで見たいですよね。

シルクスイートの美味しい食べ方を紹介します!

シルクスイートどんな食べ方が一番美味しいのでしょうか。

シルクスイートで料理となると、少ないように見えて意外と多いですよね。

例えば天ぷら!
どのシーズンでもあの優しい甘さと衣のサクサク感がたまらなく美味しい!

スイーツにも沢山使われているシルクスイートですので、タルトやパンケーキトッピングなどいろんな形にして使えて美味しいですよね。

でもやはり、一番美味しい食べ方は焼き芋なのではないかと考えます。
むずかしい行程は何1つなく、じっくり火を通すだけであの美味しさ。

我が家の子供は、焼き芋を初めて食べた時甘さの虜になって1歳にしてサツマイモ半分をペロリと食べました。

誰が食べても美味しいと感じる焼き芋は、最強ですよね。

85歳の祖父も食欲のない日に焼き芋を買うと完食してしまうほどでした。
老若男女から愛されるシルクスイートを焼き芋で食べるのは最高に贅沢なのではないかと思いますよ。

まとめ

Sponsored Link

夏も終わりに近づいて、落ち葉をみると無性に焼き芋が食べたくなりませんか。

幼い頃、私の実家の近くに移動販売は通ることがありませんでした。なので、販売が通る家をとても羨ましく思っていました。

 

シルクスイートがもし近くの移動販売で焼き芋として登場するなら車で足を運び食べてみたいです。。

ネーミングもいいですよね!シルクスイートって!

Sponsored Link