Sponsored Link

 

皆さんコーヒーはお好きですか?

あの味わいといい深みといいとても美味しいですよね。
子供の頃は、苦くて不味いのになんで大人はコーヒーなんて飲んでいるんだろうと不思議に思っていました。

そんなコーヒーを今回分析すべく、皆さんが好むコーヒーはアイスなのかホットなのかを調べてみようと思います。

個人的な感想を踏まえて、味や効能に変化があるのかも調べてきたので最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

アイスコーヒーとホットコーヒーはどっちが好き?

夏はやはり、どんなことを言ってもホットよりもアイスを頼みたくなります。
これは誰でもそうなのではないでしょうか。

夏でもホットを頼むとすればそれはエアコンの効いた室内限定ですかね。

私は冬でも夏でもアイスを飲んでいます。
というのも、カフェインアレルギーでコーヒー少量にミルクを大量に入れて飲むので自然とアイスになってしまうのです。
残念。

ですが、アレルギー症状が出るとわかっていても出向いた先でコーヒーを出してもらった時のホットも結構好きです。
苦味が強くてもホットだと気にせず飲むことが出来ますし、なにより砂糖をプラスしてもホットだと変な甘みではなくサッパリとした甘味がついてくれるからです。

結論的に言えば、好みというよりその時の気分によってホットかアイスかを選びます。
甘いものが飲みたいときは、ホットにして砂糖を入れて苦味をすこし残したいときはアイスでミルクを入れて飲んでいます。

アイスとホットで味や効能に違いはある?

ズバリ!アイスとホットは味に違いがあります。
コーヒーは温度によって味が変化していくのです。

温かければ苦味が強く、冷えると酸味が強くなります。
その間である中温は甘味が強いのです。

また、効能はホットコーヒーの方が良いとされています。
糖尿病予防やダイエット効果が期待されるクロロゲン酸や、カフェインをホットコーヒーの方が素早く体に吸収されるそうです。

ですので、季節関係なく効能を目的として飲む場合は、ホットコーヒーの方が良い効果をもたらしますよ。

たまにアイスコーヒーのほうが値段が高いことがあるのはなぜ?

これにはちゃんと理由があります。

アイスコーヒーはホットコーヒーより濃い味になっているのを感じたことはありますか?
それは、アイスコーヒーに氷などを入れてしまうため味が薄くなるのを防ぐために最初から深焼きのコーヒー豆を使用して濃く作られているからです。

深焼きのコーヒー豆はホットコーヒーに使用される豆よりも原価が高くなってしまうため、アイスコーヒーとホットコーヒーの価格に差が生じてしまうことに繋がります。

夏は高くてもアイスコーヒーを飲む方は、この情報を知っておいていただきたいです。

まとめ

Sponsored Link

残念ながら店頭でアイスコーヒーやホットコーヒーをあまり飲む機会がないのですが、普段もっぱらコーヒーをがぶ飲みしている主人にアンケートをとってみるとホットコーヒーの方が好きとの回答を得ました。

アイスコーヒーの濃さに気付いていたことに関心をしてしまいました。

季節に応じて気分に応じて飲むものの温度は変えたいところですが、効能や味を知った今皆さんはどちらを選びますか?

Sponsored Link