Sponsored Link

小玉スイカをご存知でしょうか。
夏本番になるとスーパーや八百屋さんに並び、夏の風物詩として家で食べることが多い小玉スイカですが、なぜ小玉スイカという名前なのでしょうか。

小玉スイカと大玉の違いはどこにあるのか気になったので調べることにしました。

価格の違いやカロリーの違い、味の違いといった部分も気になったので一緒にまとめていこうと思います。

小玉スイカの値段の相場は?大玉より高い?

小玉スイカがスーパーに並ぶ時期としては、5月上旬から8月下旬にかけて販売されています。
夏は脱水などの予防にスイカは水分を多く含む食材なので、とても需要があります。

そのため、価格は比較的に安い設定になっていますが、5月上旬の価格はやはり需要もあまりないので高くなっている傾向にあります。

小玉スイカは1つ1,500円で販売されていて、5月上旬は少し高くなりはしますが、2,000円前後です。

大玉との比較をすると、それ程驚くような差はないようです。

ブランドの名前のつくスイカはかなりの額の差がありましたが、一般的なスイカは同じ値段で売られていることもあり、大玉を買うか小玉を買うか悩む方が多くいるようです。

小玉スイカのカロリーは?大玉より低い?

あまりスイカを食べる時にカロリーを気にしたことがなかったので今回調べて見て驚きました。

小玉スイカより大玉スイカは大体2倍の大きさなので、4分の1カットと8分の1カットで表記していきます。

小玉スイカは4分の1カットのもので130kcal。
大玉スイカは8分の1カットのもので74kcal。

と、大きく差があることがわかりました。

小玉スイカの方が小さい分糖分が凝縮しているのでカロリーが高いようです。

また、小玉と大玉どちらもダイエットには適しているので、スイカでお腹を満たすことは水分よりも栄養のあるものでお腹を満たしていることになり理にかなったダイエット方かもしれません。

小玉スイカの味の特徴は?大玉と違うの?

まず皆さんの頭に入れておいていただきたいのは、小玉スイカと大玉スイカは品種的には同じものではありません。

収穫するのを早めたのが小玉スイカで、収穫時期を少し遅らせたのが大玉スイカと思っている方はしっかり読んでいただきたいと思います。

植物には人が手を加えてより良いものへと品質を改良してきたものが多く存在します。
その証拠にスイカには多くの種類が存在し、見た目から一般的なスイカと違うものが一部にはあります。

それと同様に小玉スイカと大玉スイカも種類からして違うものなのです。

小玉スイカの味は甘みがあり、大玉スイカとは違い食べられる部分が多いため少人数の家族におすすめのスイカです。

大玉スイカの味は、小玉スイカ同様に糖度の高い種類が多くあり、皮の部分の厚みはありますが大きいため大人数で食べるときにおすすめです。

味の違いはさほどありませんが、小玉か大玉かを選ぶ際は買っていくお宅や自宅の家族の人数に合わせて買うことをおすすめしますよ。

まとめ

Sponsored Link

今までスイカを選ぶときは、大は小を兼ねると考えて大玉を選んでいたため小玉スイカの皮が薄いことを知りませんでした。

夏到来してから、スイカを手土産にする時は上記のことを参考に選んで見たいと思います。

Sponsored Link