Sponsored Link

 

 

グアバというフルーツを知っている方はいらっしゃいますか?

 

名前を聞いてもイメージが湧かないフルーツですが、どんな食べ物で食べ方やアレンジの仕方など調べてきました。

 

味も予想がつかないため、味も感想も口コミを見て調査してきました。

 

日本で購入する場合の価格やカロリーも一緒にお伝えしていきたいと思うので、最後までお付き合いくださいね。

 

フルーツのグアバ♩おすすめの食べ方は?

 

グアバには、160もの種類が存在していて種類によって形や味も変わっていきます。

味については、後程説明することにしますね。

 

グアバの形は丸みのあるものや洋梨のような形をしているものもあり、色も赤やピンク、白と様々です。

私がネットで検索した時は、緑色のグアバが掲載されていましたよ。

ネット検索して出てきたグアバを画像だけ見て記憶していると、160種類のグアバすべてを見極めることは困難ですよね。

 

香りが強いグアバは、果汁を使ってゼリーにすることやジュースとして飲むことが多いですが、そのままの状態で食べてもとてもおいしいフルーツだそうです。

 

グアバの種が多すぎて困るんだけど、どーすればいい?

 

グアバをそのままで食べる場合は、グアバの小さな種が邪魔をしてきます。

 

そのため、果汁を絞ってジュースやゼリー、その他加工して食べることが多いのだとか。

果汁を絞った後は、細かい網目のザルを使って種を除くようにしてくださいね。

 

そうしないと種を出すのが面倒で果汁を絞ったのに、意味がなくなってしまいますよ。

 

グアバってどんな味がするの?値段やカロリーは?

 

グアバが160種類あることに驚かれた方は多いと思います。

味もその160種類で違ってきます。

 

甘味が多いものや、酸味の強いものと極端に違ってきます。

その中にも、味の濃い薄いもありますし、独特の苦みを持つグアバもあるようです。

 

その見極め方は素人には覚えることも難しいので、購入時に聞いてみるといいでしょう。

 

日本では、沖縄県で収穫されているグアバですが購入するには少し遠いですよね。

そんな時は、通販も行っているようで簡単に手に入れることが出来ますよ。

 

グアバ2kg分で3,000円、送料別で販売されていました。

収穫時期が夏になるため、いつ購入しても配送は7月から9月の間になります。

 

気になるカロリーは、グアバ100gあたり33kcalとなっているようです。

また、グアバジュースで計算すると100mlあたり51kcalでした。

 

ビタミンやマグネシウムなどが沢山含まれたグアバを是非試してみて頂きたいと思います。

 

まとめ

Sponsored Link

沖縄県に出向いたことはありましたが、グアバというフルーツを知りませんでした。

南国のフルーツは暑さに負けないように甘味を含むことが多く、おいしいフルーツが沢山ありますよね。

 

今回記事を書くにつれて、グアバを調べて160種類もあることに一番驚きました。

思わず全種類どんな味がするのか試したくなってしまいますよね。

Sponsored Link