Sponsored Link

 

皆さんはキワーノという食べ物をご存知でしょうか。

今回この記事を書くのに調べて初めて知ったのですが、こんな食べ物があったとは知りませんでした。

皆さんにも分かりやすくお伝えしたいと思います。

キワーノはどんな食べ物で、どんな味がするのか、食べ方や食べ時期をご紹介したいと思います。

キワーノってどんな食べ物?どんな味がするの?

キワーノは別名「悪魔の実」とも言われていて、その理由は黄色にトゲトゲのある不思議な見た目にありました。

味は水々しさと、ライムのような酸味があるのみで、甘みはないようです。

それもそのはずで、キュウリと同じウリ科に属しているため水分は多いのも納得いきますよね。

また、キワーノの中は種が多くメロンのように種がびっしりで、その種はプチプチとした食感で実はゼリーのような食感。

不思議なのは見た目以外もなのかもしれませんね。 

キワーノの食べ方は?

キワーノの食べ方で1番多いのが、キウイのように半分に割ってスプーンですくって中を食べていく方法です。

プチプチとした食感を沢山楽しむことができますよ!

その他の食べ方としては、酸味を生かしてサラダのドレッシングに合わせてみたり、ヨーグルトにも合うようですよ。

ただ、キワーノの見た目を不思議にさせているトゲは中々の固さで、普段通りに切ろうと抑えると痛みを感じるのだとか。。

ですので、軍手やゴム手袋など、直接触れるのではなくなにかで手を守るのがいいかと思いますよ。

また、キワーノの不思議な形を生かして、実をくり抜いた後にお皿のように活用し、トッピングして見るのもいいかもしれませんね。

キワーノの食べごろはいつ?

キワーノは夏に収穫をされるのですが、保存期間は非常に長く、1ヶ月ほど置いておくことができます。

ただ、長期間の保存期間は涼しい場所に置いておくことが必須です。

最初にキワーノの見た目が黄色と紹介しましたが、収穫時期には緑色をしています。

その見た目が黄色や橙色になると熟した証になります。

大体、7日ほどで熟していくようなのでそれを目安にしていただくといいかと思います。

熟していないキワーノを食べると、種がまだ硬く食べられないのでよく熟すまでしっかり見極めるのが大事ですよ!

スーパーなどでキワーノを購入する場合は、トゲの折れていないものでトゲ以外にも傷がないかを確認して下さいね。

そうしないと、長期間の保存は出来ません。

すぐ頂きたい場合は、熟しているものを選びますが、やはりその時も傷が入っていないものをよく見て選ぶようにして下さいね。

まとめ

Sponsored Link

今回キワーノを調べていて、まだまだ世界には知らない食べ物が多いなと思いました。

ライムが好きなので、今度見かけたらお値段と相談ですが試しに買ってみたいなと思います。

Sponsored Link