Sponsored Link

 

皆さんは牡蠣お好きでしょうか?

私はあまり食べないのですが、好きな人はいろんな食べ方で牡蠣を堪能していますよね。

有名なのは酒蒸しですよね。

他にも食べ方はどんなものがオススメなのか。

値段や見た目の比較などもしていきたいと思います。

岩牡蠣と真牡蠣って違うの?味や値段も比較してみた!

岩牡蠣と真牡蠣は牡蠣は牡蠣でも、全く違うものです。

まず、岩牡蠣は身自体が非常に大きくプリップリです。

天然の岩牡蠣はもちろん、人口的に繁殖させた岩牡蠣があるのも特徴の1つです。

産卵期は数ヶ月かけてじっくりと産卵します。

それに対して真牡蠣は、身自体は小ぶりで岩牡蠣と比べると小さいのが目に見えてわかりますが、その分味が凝縮されているためクリーミーな味わいです。

真牡蠣は人口繁殖がほとんどで1年から3年かけて成長し、食べることができるのは3ねんもののものからだそうです。

産卵期は一気に大量に産卵し、産卵後は旨味が落ちるため産卵期前が旬になります。

岩牡蠣の方が見が大きいので、価格的には高いのでは?と思いますが、真牡蠣とだいたい同じ価格で売られています。

全国的に見ると牡蠣が、大量生産されている地域によっては価格が安く設定されていますよ。

旬はいつ?岩牡蠣と真牡蠣のシーズン

岩牡蠣は6月から9月の夏が旬です。

旬の期間はとても短く感じますよね。

真牡蠣は岩牡蠣と比べると旬の時期が長く、10月から4月にかけて美味しいものを食べることができますよ。

食べ方はどっちも生がおすすめ?

食べ方に好みがあるかとは思いますが、どちらも生で食べるのが1番人気です。

どの時期でも、牡蠣を生で食べる方は多いです。

ですが生で食べている方が、岩牡蠣か真牡蠣かわかっているかは疑問です。

産地により様々な名前で呼ばれているので、その牡蠣がどちらなのかはあまり調べない傾向にあります。

余程の牡蠣通ならば、どちらかの牡蠣を求めて食べに行くお店を変えたり旬によって牡蠣を見極めるのでしょうが、中々…

なので、牡蠣好きの方で普段行っているお店の牡蠣がどちらの牡蠣なのか調べてみるのもいいかと思いますよ。

岩牡蠣の産地もやっぱり広島が有名?

広島ももちろん有名ですが、石川県能登町や秋田県象潟の岩牡蠣も有名です。

他にも最近有名になってきたのが佐賀県の有明や、長崎県の五島列島のものも美味しいらしいですよ!

牡蠣好きには見逃せない有名産地ですので、是非足を運んで見てはいかがでしょうか。

まとめ

Sponsored Link

牡蠣の食べ放題など、最近はとても人気ですよね。

食中毒が怖いとされている食べ物第1位ではありますし、心配な方はしっかり火の入っているアヒージョなどで美味しく頂いて見てくださいね。

私も書いていて、牡蠣のアヒージョ食べたくなりました!

Sponsored Link