Sponsored Link

 

朝や昼の食事に味噌汁が並ぶ食卓は多いのではないでしょうか。

我が家は朝味噌汁を作ることが多くありますが、その時あさりとしじみの違いにふと疑問を感じました。

味の違いも気にして食べたことはなく、貝類が好きで使っていましたが、どんな違いがあるのでしょうか。

今回はしじみとあさりの味の違いや栄養価を調べてまとめていきたいと思います。

しじみとあさりのみそ汁、どっちが好き?味の違いが気になる

よく考えてみると、「はい、味噌汁」と出されて中身がしじみかあさりかを気にしたことってありますか?

作る側は気にして作りますが、あまり気にしないのが過半数を占めるのではないでしょうか。

それぐらいしじみやあさりは身近な貝ですよね。

しっかり味を気にして食べると、しじみは濃厚な味わいでクセがありますがあさりは、少し苦味があるぐらいであまりクセはありません。

味噌汁で食べるとき、しじみのクセを感じたことがない方いらっしゃいませんか?

それは日本人に馴染みのある味噌を使っているからあまり気にならないのかもしれませんね。

しじみとあさり、値段が高いのは?

これは意外にもしじみでした。
小粒なので、あさりよりパックの中に入った個数は多く見た目ではわかりませんよね。

100gあたりの計算をすると、しじみは144円あさりは104円という結果でした。

この違いは、漁獲量にありました。
しじみの方があさりよりも獲りにくく、少ないため価格が高騰しているのだとか…

そんな値段が高いしじみですが、カロリーもあさりよりしじみの方が高く、100gあたり51kcal。

あさりは100gあたり30kcalでした。

ダイエットや、節約を考える方にはあさりをおすすめします。

しじみとあさり、栄養効果が高いのはどっち?

しじみとあさりは味や値段など違いがありますが、栄養もそれぞれ全く異なります。

しじみは最近だと二日酔いのサプリのCMや、健康番組で多く取り上げられる程、栄養価が高い食材です。

中でも二日酔いにいいとされるオルニチンが豊富ですよ。

その他にも、ミネラルを含むアミノ酸やカルシウム、亜鉛、鉄といった栄養も多いので注目されています。

あさりは、旨み成分とされているタウリンが多く、ビタミンB12も多いです。

タウリンはコレステロールを下げる働きがあるため生活習慣病を抱えた方にはぜひ摂取していただきたい栄養素です。

また、ビタミンB12は脂肪の代謝を上げる働きがあるので、これもまた生活習慣病にお悩みの方に是非と思います。

これらのことを考えて、作る側もあさりとしじみを使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

Sponsored Link

我が家では、夫の飲み会の翌日はしじみで味噌汁を朝に作って飲ませることにしています。

オルニチンが取り上げられるようになり、しじみを味噌汁にすることが多くなったご家庭もあるのではないでしょうか。

今回あさりの栄養について調べて、これからはあさりも積極的に食事に取り入れようと思いました。

Sponsored Link