Sponsored Link

 

京都祇園で長く愛されている鳥居本をご存知でしょうか?

京都の由緒正しきお料理やさんで、多くの方が居心地のいいお店と絶賛しているお店です。

その鳥居本が、最近妊娠を発表しさわせ絶頂である田畑智子さんのご実家であることを知っていた方はどのぐらいいらっしゃるのでしょうか。

今回はその鳥居本のことについてまとめていこうと思います。

京都祇園の高級料亭『鳥居本』は女優・田畑智子の実家って本当?

テレビなどでも取り上げらたことがありますが、これは本当です。

2018年元旦に長年交際を続けていた俳優の岡田義徳さんと結婚し、同年には37歳での妊娠を発表した田畑智子さんのご実家です。

田畑さんはテレビで何度かご実家について話していたことがあり、幼い頃京言葉を教え込まれて毎日正座をして生活をしていた。

そう語っていたのが印象的でした。

京都ならではの言葉は、とても品の良い言葉に聞こえますよね。

そういった言葉を家でも常に使うとなると、家の中で喧嘩が無さそう…

正座も正直常にすると足が悲鳴をあげてしまいそうですよね…

鳥居本の評判は?

鳥居本の評判を口コミで調べると、お店の雰囲気や料理など様々な点が好評であることを知りました。

お店の雰囲気からお伝えすると、何時間でも居たいと思えるお店で、ついつい長居をしてしまう方が多いのだとか。

奥まった場所にあるため、時間がゆっくりと流れるような感覚で、ゆっくりしたい時には是非行ってみてほしいと思います。

また、料理は飾り付けも綺麗にされて居て、それでいて価格もそこまで高くないため行きやすいと評判です。

なにより創業から300年も続く老舗なので、敷居が高いのでは?と思いがちですが、おどおどしてしまうこともなく、本当に居心地がいいとのことでした。

鳥居本の料理の値段はどれくらい?ランチメニューはある?

鳥居本に実際に出向いた方の口コミで、夜ご飯お酒も少し嗜み、1人2万5千円だったそうです。

となると、京都で舞妓さんを呼べるようなお店なのに安く感じませんか?

私の想像では、何倍の値段を想像して居たため案外良心的だなと思いました。

また、ランチも行なっておりその名も「お昼のミニ懐石」

こちらは、コースになっておりコースで9000円ぴったりになっているようです。

夜だと金額的に…と思われる方は最初にランチで行かれてみてはいかがでしょうか?

鳥居本の場所

場所は、〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570ー8

奥まった場所にあるとの情報もあったので、よく探してみてくださいね。

営業時間は、昼12時から14時。

夜は17時半から20時となっており定休日は、毎週月曜日と第2と最終日曜日の夜の営業だけお休みとなっているので行かれる際はしっかり確認が必要ですよ。

まとめ

Sponsored Link

田畑智子さんが老舗料亭のご令嬢だというのは知って居ましたが、今回鳥居本を調べてやっとその凄さを知りました。

京都に行ったことがない私としては、まずは京都で日本の文化を再確認した後に鳥居本へ足を踏み入れてみたいなと思いました。

Sponsored Link