Sponsored Link

 

ハワイアンズのウォータースライダーをご存知でしょうか。

子育て世代真っ只中の親御さんは次の休みの計画にハワイアンズを盛り込んでいる方もいらっしゃるかと思います。

親御さんの下調べとして参考になるように調べてまとめて行こうと思います。

お金もいくらぐらいを予算として持って行くのがいいのかもお伝えしていけらと思います。

日本一だと評判!ハワイアンズのウォータースライダーは何種類あるの?

ハワイアンズのウォータースライダーは全部で3種類全5コースがあります。

ワンダーホルンという名前のウォータースライダーの種類には、高低差15mでいろんな方向に曲がっていて全長110mと長いコースとなっているワンダーコース。

高低差は15mとワンダーコースと一緒ですが、全長が120mと10m長くなっているホルンコース。

高低差8.6mと低く、全長も54mと短いウォータースライダー初心者の方や子供にオススメのラッココース。

の3コースがありますよ。

真っ暗なコースの中を滑って行くこうていさ17.5m、全長が131mとハワイアンズのウォータースライダーの中で一番スリリングなのがワンダーブラックと呼ばれる種類。

専用の浮き輪を使って川を下る感覚が楽しめる高低差は8.5mと低く、全長100mですが川のようにカーブがあり浮き輪が壁にぶつかり水しぶきを上げて下って行くワンダーリバーという種類があります。

ウォータースライダーの料金はいくら?割引券を手に入れる方法は?

料金を説明するにあたり、3種類5コースを3種共通と表記しますね。

3種共通1日券→2,300円
3種共通6回券→1,050円
1種1日乗り放題券→1,300円
1回券→200円

15時からウォータースライダーを利用する場合は、3種共通1日券通常が2,300円に対して1,300円と1,000円引きになります。

また、ハワイアンズに宿泊をする方は3種共通1日券通常が2,300円に対して1,300円とこれもまた1,000円引きになります。

ウォータースライダーに使える割引券というのはないものの、ハワイアンズへの入園料がメルマガ登録やJAF・エスポカードを提示することにより大体350円引き。

他にもコンビニやJTB等で前売り券を購入することで、最低200円から最高で1,000円以上も割引されることがあるので要チェックして見てくださいね。

怖い?ハワイアンズのウォータースライダーの評判

どんな年齢の方も怖いと言った意見はなく、楽しかったのでリピートしたいといった意見が多くありました。

子供と一緒に行ったけど大人の方が楽しんでしまったと行った意見もあり、家族全員が楽しめるのはいいですよね。

ウォータースライダーに身長制限や年齢制限はある?子供でも乗れるの?

ウォータースライダーは全て身長制限があり、120cm以上の方じゃないと滑ることができません。

年齢制限はないようですが、ワンダーホルンとワンダーリバーは1人用なので、1人で乗れるお子様が対象になりますね。

身長以外は制限がないため、子供でも大いに楽しむことが望めますよ。

待ち時間はどれくらい?

待ち時間は一般の土日祝日は30分程度の時間がかかると予想されており、子供1人で並ぶとなると少し不安です。

大型連休となると60分もかかってしまうことがあるため、大型連休の時は親も一緒に1日券をゲットして子供に付き合うようにして上げてくださいね。

まとめ

Sponsored Link

私も今子育て真っ最中なので、屋内施設でこんなに楽しそうな場所があるのは嬉しいなと思いました。

ただ、プールなので大人の目がないと危ないことも起こってしまいがちです。

大人も一緒に楽しむのももちろん素敵ですが、子供と安心安全に1日を楽しんでくださいね。

Sponsored Link