Sponsored Link

前書き

暑い季節がやってくると、食べたくなるのが冷やし中華です。

身体の中から涼しくなり、また、見た目にも涼やかですよね。

夏になると「冷やし中華はじめました」というのぼりを掲げたお店を良く見かけます。

冷やし中華は、外食で食べるのも、もちろん美味しいですが、家で作ることもできます。

家で作る際は、自分で様々なアレンジができるため、オリジナルの味を楽しむことができます。

今回は、冷やし中華の具材にスポットを当てて紹介していきます。

暑い夏を乗り切るために、ぜひチェックしてみてくださいね。

冷やし中華を作ろうと思ったけどハムがない!チャーシューでもOK?

冷やし中華とはそもそも何なのでしょうか。

定義としては、冷たい中華麺に様々な具材をのせ、掛け汁をかけて食べるものです。

そのため、具材に関する決まりは特にないのです。

しかし、一般的な冷やし中華は、千切りにしたキュウリ、ハム、錦糸卵などがのせられていることが多いようです。

家で冷やし中華を作ろうと思った時、ハムがなかった!!ということもあると思います。

そんな時は、チャーシューを使って代用するのもアリでしょう。

ハムを使った冷やし中華よりも、少し甘みが増すため、こちらの方が好きだと思う方も多いかもしれません。

ラーメン屋さんで冷やし中華を注文すると、ハムの代わりにチャーシューが乗っていることもありますよ。

ハムがないからと言って、あきらめないでくださいね。

代わりの具材はチャーシュー以外だと何がおすすめ?

ハムがない場合、チャーシューを乗せるという方法があるということはご紹介しました。

しかし、チャーシューがない時もありますよね。

ハムの代わりになるものは他にもありますので安心してください。

例えば、とりのささみを使う方法があります。

ささみは、筋を取ってレンジで加熱します。

そのささみをフォークなどを使用して裂いていきます。

これでハムの代用、ささみ肉の完成です。

レンジ一つで出来ますので、お手軽ですし、ささみはあっさりしていますので、暑い夏にぴったりです。

カロリーも低いため、ダイエット中の方にもおすすめですよ。

また、少し贅沢な冷やし中華を作ろうと思う場合は、牛肉のたたきなどを乗せても美味しく仕上がります。

牛肉が乗っている分、がっつり食べられる料理になりますよね。

牛肉がさっぱり食べられるので、おすすめですよ。

定番から変わり種まで!冷やし中華のおすすめ具材はコレ!

冷やし中華といえば、キュウリや錦糸卵、ハムなどが定番ですよね。

しかし、他にも、冷やし中華にあう、おすすめの食材がたくさんあります。

さっぱり感を存分に感じたい時は、トマトのスライスを乗せてみてはいかがでしょうか。

夏に旬をむかえるトマトは水分も多く、酸味があるため、さっぱりと食べることができます。

トマトの赤は、彩も華やかになりますし、栄養もたっぷりです。

冷やし中華にチャーシューを乗せた場合、トッピングの錦糸卵を半熟たまごに変えても美味しいですよ。

少し半熟にするのがポイントで、卵と麺、お汁を絡ませながら食べると、いつもの冷やし中華とは違う美味しさがありますよ。

また、キュウリが苦手な方には、キャベツをお勧めします。

千切りにしたキャベツを、レンジで加熱します。

そのキャベツをしっかり冷ましてから、冷やし中華にのせます。

少しシャキシャキ感が残るくらいでレンジをやめると、食感も楽しめますよ。

まとめ

冷やし中華は、中華とつくだけあって、中国の料理であると思っている方も多いかもしれません。

しかし、実は、日本生まれの料理なのです。

暑い夏を乗り切るためにさっぱりした麺類を食べようと考えたのでしょう。

家で食べる際は、あまり常識にとらわれ過ぎず、自由な発想で具材を乗せてみてくださいね。

Sponsored Link