Sponsored Link

お金って何気なく使っているけどいつの間にか見なくなったものがありませんか?

五百円札は今の若い人は見たことないかもしれませんね。
私が小さい時には五百円玉はなく五百円札しかありませんでした。

そして二千円札、なんか一瞬見かけたけど都会では見なくなりましたね。
ATMで下すと千円札3枚欲しかったのに二千円札一枚と千円札一枚が出てきてがっくりしたのは私だけでしょうか?
二千円札って千円札と間違えて使いそうになりなるべく持ちたくない、と周囲といつも話していました。

そんなウワサが広まったのかいつしか都会では見なくなりました。

しかしなくなったわけではなかったのです。
なんと沖縄ではまだ実在しており普通に流通しているというのです。

今回はこの二千円札が現在沖縄でどのように使われているかについて述べてみたいと思います。

沖縄はATMから二千円札が出てくるって本当?

実際に沖縄ではATMでお金をおろすと二千円札が出てくるようです。
銀行でもコンビニATMでもです。
流通枚数は500万枚は優に超え、さらに増加傾向にあるそうです。

この二千円札、2000年の沖縄サミットを記念に発行開始されたものです。
もちろん沖縄県民はなんの迷いもなくこのお札を使っているのは言うまでもありません。

沖縄に二千円札が多い理由は?沖縄サミットと関係ある?

沖縄で二千円札がまだ存続しているのには理由があります。
お札に描いてあるのが首里城の守礼門なのです。
沖縄を盛り上げよう!でもありませんがみな意識的に使っているようです。

そしてこの二千円札の入手方法ですが、普通に銀行での両替で対応可能のようです。

しかしこんなにレアな二千円札、なぜ本土ではさほど話にならないのでしょうか?

お金に対する意識の変化

Sponsored Link

正直、二千円札が発行されたときからウェルカムモードはありませんでした。
お札自体はすでに千円、五千円、一万円とあり、増えることによって使い分けるのが面倒、
間違いやすくなると心配した方は多いでしょう。

また買い物等でお金の支払いではなくクレジットカードやプリペイドカードで支払うことが増えているのも要因です。

できれば現金を持ち歩きたくないという現代人のスタイルです。

一昔前まではコインや切手を集める趣味の人がたくさんいました。
発売日には郵便局等は長蛇の列で、熱烈なファンは会社を休んで買いに行ったりしている人がいました。

ところがいまはカード主義、連絡手段もメール等でとなりこのようなものからは疎遠となってしまいました。
中には往復はがきの使い方や現金書留の送付方法を知らない人がいます。

これも時代の流れなのでしょうが、反面人づきあいも何か希薄なものになってきていることは間違いありません。

二千円札を欲しいと思う人が一体何人いるか?
ですが、手元にゲットしたあとどのようにしたいか話を聞いてみたいと思っているのは私だけでしょうか。

Sponsored Link