Sponsored Link

エキゾチックな雰囲気がある、ロマネスコという野菜があるのをご存知でしょうか。

料理が好きな方は、知っているかもしれません。

ローマブロッコリー

そう呼ばれるだけあって、調理の仕方など扱い方はブロッコリーと同じです。

 

しかし、普段生活している中でロマネスコを食べる機会はそれほど多くありません。

私の家の近くの食料品を取り扱うスーパーにはロマネスコは売られていません。

ですのでロマネスコの正しい食べ方や調理の仕方など、知らない方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、ロマネスコについて紹介していきます。

ワンランク上の料理を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ロマネスコの食べ方♪生でも食べられるの?茎の処理はどうする?

まず驚くのは、ロマネスコの見た目ではないでしょうか。

ごつごつとした表面や、独特な形は、はじめ、食べ物のようには見えません。

 

しかし、ちゃんと食べることができるので安心してください。

ロマネスコは生で食べることもできます。

少し歯ごたえがありますので、生で食べる際は、小さく切って食べるようにしてください。

 

茎は生で食べると少し硬すぎるかもしれませんので、きちんと調理してから食べるようにしてくださいね。

 

そもそもロマネスコは、基本的茹でてから食べることが多い食材です。

そちらの方が、美味しく食べられますよ。

 

茎は、ブロッコリーの茎を食べる時のように、茎の周りの固いごつごつした部分を切り落とします。

それから、千切りなどにして、きんぴらのようにして食べると美味しくいただけます。

難しい?ロマネスコの切り方

ロマネスコの切り方2種類あります。

ブロッコリーのように、一房ずつに切り分けていきます。

 

そうすると、形はロマネスコのまま、小さく切り分けることができますよ。

最後の上の部分は、包丁では切りにくいので、手を使って分けても良いと思います。

 

もう一つの切り方は、まず、包丁を使って、茎の部分をくりぬいていきます。

茎が切り抜けた後は、ぽきぽきと手でちぎっていくだけです。

 

どちらの切り方も間違いではありませんので、あなたがやりやすい方で切り分けてくださいね。

ロマネスコの茹で方

ロマネスコをお湯で茹でるという方法もあります。

しかし、この方法はあまりお勧めできません

 

なぜかというと、お湯で茹でる際に、ロマネスコに含まれる、栄養素が流れ出てしまうからなのです。

せっかくの栄養ですから、逃さずに体に取り入れたいですよね。

 

そこでお勧めなのがシリコンスチーマーです。

シリコンスチーマーを使って蒸すようにすると、栄養が逃げずに美味しくいただくことができます。

 

シリコンスチーマーは電子レンジを使用するだけなので、お手軽に調理することができます。

まだ持っていないという方は、ぜひ準備しておくと良いですよ。

ロマネスコのおすすめの食べ方はコレ!

ロマネスコのおすすめの食べ方は、やはり、サラダです。

様々な野菜と共に、シリコンスチーマーで蒸したロマネスコを入れます。

ドレッシングをかければ完成なので、簡単です。

 

ロマネスコは見た目が華やかで色もきれいなので、いつものサラダがワンランク上のサラダに変身しますよ。

また、シチューなどに入れるのも良いでしょう。

ホワイトシチューなどにブロッコリーを入れる方は多いですよね。

同じようにロマネスコもシチューに入れると、とても見た目が華やかになりますし、おまけに栄養価も上がりますよ。

ロマネスコとブロッコリーの違いって?値段が高いのはどっち?

ロマネスコはローマブロッコリーと呼ばれることもあるようです。

ブロッコリーと似ていますが、実はカリフラワーと同じ分類になるもののようです。

 

値段は、その時の収穫状況によって変わりますが、一個200円から400円というような感じです。

ブロッコリーよりは少し高いかなという気はしますが、それほど大きな違いはないようです。

まとめ

Sponsored Link

日本にいるとあまり目にすることのないロマネスコですが、ホティーホームパーティーなどを開催する時にサラダなどで使用すると、お洒落ですよね。

なじみがない食材ではありますが、味は美味しいので安心してくださいね。

 

ブロッコリーと同じような感覚で、ロマネスコを調理してみてください。

料理のレパートリーが増えそうですね。

Sponsored Link