Sponsored Link

はい、あなたはアテモヤを知っていますか?

 

おそらくアテモヤを食べたことがあるという方は少ないのではないでしょうか。

どんな味がするものなのか、

また、どのようにして食べると美味しく食べられるのか詳しく解説していきます。

フルーツが好きなあなたは、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

沖縄の謎フルーツ「アテモヤ」ってどんな味がするの?

 

森のバターならぬ森のアイスクリームと呼ばれるアテモヤは、アイスクリームのように甘く、そして滑らかな舌触りが特徴です。

 

意外な事実ですが、アテモヤは、もともとあるフルーツではありません。

品種改良によって、生まれたフルーツなのです。

 

アテモヤは1913年、アメリカで品種改良を行って作られました。

アテス(釈迦頭)とチェリモヤを交配させて出来たものです。

 

アテモヤという名前の由来は、この交配させた二つの植物から名付けられました。

アテスのアテという部分と、チェリモヤのモヤという部分をとって、

『アテ』『モヤ』という名前になりました。

 

気になる味はというと、とても甘くておいしいフルーツです。

アテモヤの舌触りは、まるでアイスクリームのようであるということから、

森のアイスクリーム

と呼ばれることがあるほどです。

日本では森のアイスクリームと呼ばれていますが、タイではシュガーアップル、アメリカではカスタードアップルと呼ばれています。

このことからも分かるようにアテモヤは、非常に甘く、滑らかな舌触りが特徴なのです。

どんな食べ方をしたらいいの?おすすめは?

アテモヤというフルーツを知らないという方は、食べ方も分かりませんよね。

アテモヤの食べ方を紹介していきます。

 

まず、包丁などを使い、縦半分に切ります。

半分に切ったアテモヤをもって、スプーンですくって食べるのも良いでしょう。

実が柔らかいので、スプーンで簡単にすくい取ることができますよ。

 

しかし、おもてなしのフルーツとしてお客さんにアテモヤを出す場合は、今のような状態で出すわけにはいきませんよね。

そんな時は、半分に切ったアテモヤを、もう半分に切ります。

それから、皮をむき、食べやすい大きさにカットします。

そうすると、食べやすいですし、見た目も良くなりますよ。

あまり取り扱いをしたことがないフルーツですので、初めはと戸惑うかもしれませんが、簡単に切ることができるので安心してくださいね。

上手に包丁で切るためには、冷蔵庫などでよく冷やしてから切ると良いでしょう。

アテモヤは熟してくると実がとても柔らかくなりますので、冷やさずに切ると、実が崩れてしまう恐れがありますので、注意してくださいね。

まあ、要するにアイスクリームと同じように扱いましょうってことです。

食べごろは?アテモヤ旬の時期

どんなフルーツにも、旬というものがあります。

アテモヤの旬は、11月から3月ごろといわれています。

旬のアテモヤは甘く美味しいので、ぜひこの時期に食べてみてくださいね。

また美味しいだけではなく、栄養も満点ですので、元気が出る食べ物ですよ。

アテモヤの値段、一個いくら?

アテモヤは、どれくらいの値段で販売されているのでしょうか。

基本的には、アテモヤ一個当たり500円から1000円で販売されていることが多いようです。

 

沖縄で多く栽培されているアテモヤですが、現地に行かなくても、通信販売でも購入することもできます。

まとめ

Sponsored Link

アテモヤというフルーツはまだあまり知られていません。

しかし、森のアイスクリームと呼ばれるアテモヤは、とても甘く、美味しいフルーツです。

一個当たりの値段は、少々高めですが、一度食べてみる価値はありますよ。

通信販売なども行われていますので、チェックしてみてくださいね。

Sponsored Link