Sponsored Link

年末の大掃除
大掃除の重要な部分ともいえる神棚のお掃除。

意外に正しい掃除方法を知らずに、
知らないうちに神様に失礼な掃除方法をしている方もいるかもしれません。

今回は掃除方法ではありませんが、神棚のお掃除の時期や、気になる疑問に関してご紹介します。

年末の掃除♪神棚の掃除はいつするの?日にちは決まってる?

特にこの日にする!というのは決まっていないようですが、避ける日はあります。

  • 12月29日→二重苦、さらに9のつく日の末日(苦待つ)
  • 12月30日/12月31日→1日飾りといい、神様をおろそかにしてしまう

12月30日は掃除しても大丈夫、という意見もあるみたいです。
確かに31日の慌ただしい時期にするのは、気持ちの余裕がなくなる意味でも避けたいですね。

では、いつまでにすればいいかというと「12月28日」までに行うのが理想です。
気持ちにも日にちにも余裕を持って大掃除をしたいですね。

神棚は男が掃除すべき?女性は触っちゃいけないって本当?

神棚に女性が触ってはいけない、聞いたことのある方や実際にそうしているところもあると思います。
そういわれる理由として、

  • 神棚に祀る神様といえば天照大神という女性の神様で女性が手をつけると嫉妬されよくないことが起こる
  • 神道では血は不浄という意味で穢れとしている
  • その家の守り神、主である男性が手入れをする

いくつか理由はあるようですが、地域によっては女性がする場合もあり、違いはあるみたいです。
そもそも女性しかいない家は女性がするしかないですからね。

年末以外も?神棚を掃除すべき頻度は?

神様がいるところになりますので、1年を通して定期的に掃除するのがいいでしょう。

定期的に掃除するのも大変かと思いますので、年末の大掃除に1回掃除し、その他で1回。
1年に2回掃除するようにするといいでしょう。

まとめ

Sponsored Link


大掃除の中でも重要となる神棚のお掃除。
神棚の掃除を行う日は、
12月なら28日までと、12月30日
30日は一夜飾りで失礼にあたる、という考え方をするところもあり、28日までに済ませるのが無難でしょう。

神道では、血を穢れとしていること、などの理由で女性が触ってはいけないといわれています。
しかし、地域によっては女性がするなどの違いはあります。

気持ちにも余裕を持ち、正しい方法で失礼のないように掃除したいところですね。

Sponsored Link