Sponsored Link

ドラえもんといえば、知らない人がいないほど、人気のアニメです。

映画も人気で、子供だけではなく、大人も楽しむことができます。

のび太君がピンチの時、ポケットの中から様々なアイテムを出して、助ける様子は、とても夢がある世界だと思います。

実際の生活の中でも、ドラえもんの道具があればどんなにいいだろうかと思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

そんなドラえもんに、ドラえもん音頭があるのはご存知でしょうか。

日本の伝統である盆踊りとドラえもんが融合した楽しい音頭です。

盆踊りなどは、みんなが躍りやすいように、分かりやすい振り付けになっていますよね。

ドラえもん音頭も、みんなで踊ることができるように、簡単な振り付けになっているのです。

盆踊りというと年配のイメージがありますが、子供でも簡単に踊れる振り付けがあるっていうのは魅力ですよね。

今回は、ドラえもん音頭の振り付けについて紹介していきます。

ぜひ、覚えて、みんなで楽しく踊ってくださいね。

ドラえもん音頭の振り付けを動画で覚えよう!

動画で確認しても分かるように、同じ動作が繰り返されるため、覚えやすい振り付けであると言えます。

盆踊りではおなじみの振り付けから、あまり見かけることのないようなものまで様々ですが、一度覚えると、楽しく踊ることができそうですよね。

振り付けの大半が、手をグーにしている状態のものが多いです。

これは、ドラえもんの手がまんまるであることからではないでしょうか。

また、顔の前で手をくるくる回す振り付けは、とても可愛らしいですよね。

そのあと膝をトントンとするところなどは、リズムを取りやすいです。

親指を立てて上につき上げる振り付けは、良いことがあったような、うれしい気持ちにさせてくれますよね。

この、親指を立てて上につき上げる振り付けは、一つのフレーズに2回も出てくるので、注目ですね。

ドラえもん音頭の歌詞

ドラえもん音頭は、3番まであります。

ドラえもん音頭の歌詞

一番から三番まで、同じ調子のところは同じような歌詞で作られています。

掛け声のような、合いの手のような部分が、日本の盆踊りを思わせる歌詞になっています。

ドラえもんの特徴を歌っている部分もたくさんあります。

私が気になったのは、1番の、

はずむたんそく かろやかに

という部分です。

短足ということが、なんだか長所のように歌ってあるところが、とても印象的です。

また、音頭ということから想像もつかないような、英語の歌詞も出てきます。

オール トゥギャザー フィーバーさ

音頭の歌詞に英語を使っているところがとても面白いですよね。

一番では雲の上、二番では星の海、3番では夢の中

というように、だんだんと世界が広がっていくような印象もあります。

どのように感じるかは人それぞれですが、私は、この歌詞に未来への希望を感じました。

盆踊りの踊り方のコツ♪上手な人と下手な人はどこが違う?

盆踊りを上手に踊るには、まず、恥ずかしがらないことが大切です。

堂々と踊ることで、かっこよく見えます。

また、目線も重要なポイントになります。

なるべく目線は、指先を見るように心がけます。

そうすることで、

体から頭の線がしっかりするので、美しく見えます。

上手に踊っている方は、皆さん、自信に満ち溢れています。

楽しんで踊ることが最大のコツかもしれません。

自信をもって踊れるようになるまで、何度も練習することが必要かもしれませんね。

まとめ

Sponsored Link

盆踊りは、みんなで踊ることができるように、簡単な振り付けになっていることが多いのです。

ドラえもん音頭も、例外ではなく、動画をしっかり見れば、何回かで覚えることができると思います。

何度か練習して、自信をもって踊ることで、楽しく、かっこよく踊ることができますよ。

Sponsored Link