Sponsored Link

夏になると、様々なレジャーを楽しむことができるようになりますよね。

海水浴やプール、バーベキューなどは、夏ならではの楽しみです。

でもやっぱり、夏の夜といえば、

花火ですよね、花火!

特に花火大会は、気分も盛り上がるため、とても楽しみなイベントだと思います。

しかし、花火大会は、日時が決まっていますし、遠い場所であることも多いため、なかなか行く機会がないかもしれません。

家庭用の手持ち花火であれば、いつでも楽しむことができますし、手軽に始めることができます。

そのため、手持ち花火を行う方は多いかもしれません。

簡単に行うことができる手持ち花火ですが、様々な危険も潜んでいます。

そのような危険もしっかりと理解したうえで、花火を楽しんでください。

今回は、手持ち花火の成分や、煙を吸い込んだ場合の対処方法などを紹介していきます。

手持ち花火をする予定がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

花火の煙の成分は?有害物質を含んでいるって本当?

気軽に行うことができる手持ち花火ですので、大きな危険があるということはありません。

しかし、もともと喘息がある方や気管支が弱い方などは注意する必要があります。

花火は、化学反応を起こしてきれいな色や形を作り出しています。

化学反応を起こしているということは、少なからず、危険な物質が発生している証拠です。

硫黄や様々なガスは、喘息や気管支が弱い人にとっては、とても危険な物質となる可能性があるのです。

普通の方が花火で発生する煙を少量吸い込んだからといって、大きな危険はないと考えても良いでしょう。

しかし、体に良いものではないので、できるだけ吸わないようにするのが良い方法ですよ。

辛い!咳が止まらない!花火の煙を吸った場合の対処はどうすべき?

花火をしている際、多くの煙を吸ってしまうこともあるかもしれません。

煙を吸った後に、特に体に変化がなければ、特に気にする必要はないでしょう。

しかし、煙を多く吸ってしまったことによって、

咳が止まらなくなってしまう!

なんてこともあるかもしれません。

そんな時は、まず、煙のある場所から一刻も早く離れ、きれいな空気を吸う必要があります。

また、

首ものとボタンをはずしたり、

ズボンのホックを緩めるなど、

呼吸がしやすい状態を作ります。

大きく深呼吸をして、気持ちを落ち着かせます。

咳が止まらずに、呼吸困難になってしまいそうな場合は、迷わずに救急車を呼ぶべきです。

まずは煙から離れることが大切です。

その後は、深呼吸をして、ゆっくりし、様子を見てください。

ゆっくりしていて、呼吸が落ち着いてきたのであれば、心配する必要はないと思われます。

花火の煙から身を守るための予防方法は?

花火の煙から身を守るには、花火をする際、風上に立つと良いでしょう。

皆さん、風上ですよ、風上!

風が吹いている場合、煙は必ず風上から風下に吹いていきます。

そのため、花火の煙も、風上から風下に流れます。

そのような理由から、風上に立って花火を楽しむことをお勧めします。

細かい粒子は防ぐことができませんが、マスクをすることも効果的です。

ぜひ試してみてください。

まとめ

Sponsored Link

夏が来ると、花火を楽しむ方も多くなると思います。

健康な方であれば、あまり慎重になりすぎる必要はないと思います。

しかし、小さい子供や、喘息の方、気管支が弱い方は煙をなるべく吸わないように、注意する必要があります。

もし、大量に煙を吸ってしまった場合も、すぐにその場から離れ、呼吸を整えてください。

思いっきり楽しい夏にしてくださいね。

Sponsored Link