Sponsored Link

待ちに待った夏休みが来ると、子供たちは大喜びです。

しかし、親は、子供たちが学校に行っていない分、様々な負担が増えてしまいます。

その中の一つに、朝のラジオ体操があります。

夏休みの朝だからといって、寝坊することはできません。

子供をきちんと起こして、ラジオ体操に行かせなければいけませんよね。

なかなか起きないわが子を毎日起こすのは大変だと思います。

今回は、ラジオ体操の開始時間や、ラジオ体操の目的に関して紹介していきます。

夏休みにラジオ体操がある方は、ぜひ参考にしてみてください!

夏休みのラジオ体操の開始時間って何時からが普通?

夏休みのラジオ体操は、住んでいる地域によって開始時間が異なっています

一般的な情報ですと、6時半開始というところが多いようです。

私の住んでいる地域でも、6時半に集合し、体操が開始されていました。

始まりが遅い地域あっても、7時くらいには始まることが多いようです。

ラジオ体操自体は5分くらいで終わるものですので、すぐに帰ってくることがほとんどでしょう。

小学生の場合、ラジオ体操に参加した際、台紙にスタンプを押すという習慣があります。

その台紙に関しては、学校側から配られることが多いようです。

そのため、親が準備する必要はありませんので安心してください。

学校に行く時に、何時に起きているかにもよりますが、ラジオ体操があることによって、生活のリズムを壊すことなく、夏休みを過ごせるというメリットがあります。

ラジオ体操がなくなった地域があるって本当?

以前は、夏休みにはラジオ体操が行われることが当たり前でした。

しかし、最近、ラジオ体操を行わない地域も増えてきているようです。

その原因としては、子供自体が少なくなっているため、参加人数が少ないというものがあります。

近年、少子化が進んでいます。

その影響で、特に地方の地域では、子供が減少しているのです。

そのため、朝のラジオ体操をしたくてもできない事情があるのです。

また、共働きの夫婦が増えたため、ラジオ体操に行かせることができない親御さんが増えたことも原因の一つといえます。

ラジオ体操は、地域で行うため、みんなで協力してラジオ体操をしています。

準備の当番が回ってくることもあるので、会社に間に合わないという方もいるのです。

そのため、ラジオ体操自体をなくしてしまっている地域もあります。

さらに、ラジオ体操の会場になっている場所の近所に住んでいる方の騒音問題も理由の一つです。

朝早くから、大きな音で目が覚めてしまうという苦情があると、ラジオ体操を中止せざるを得なくなります。

このような様々な理由から、夏休みのラジオ体操が無くなっている地域が増えているのです。

そもそも夏休みのラジオ体操の目的って何?

ラジオ体操は、体の様々な部分を使う運動です。

きちんと行えば、かなりの運動になるようです。

夏休みは、夜更かししたり、朝寝坊したりと、生活のリズムが乱れやすくなります。

朝のラジオ体操を行うことによって生活のリズムを整える効果があります。

また、朝起きてしっかりラジオ体操をすることで、しっかりと目覚め、一日の活動を元気に行うことができるのです。

何より、朝、体をしっかり起こしておくと、気持ちが良いものです。

騒音だと苦情を申し立てる人もいれば、

目覚ましと前向きにとらえる母親もいるので、ラジオ体操が必要かどうかはまだまだ検討の余地がありそうです。

まとめ

Sponsored Link

ラジオ体操は、地域によって廃止されているところもあるようです。

しかし、生活のリズムが乱れがちな夏休みだからこそ、ラジオ体操に参加し、活発な日常を過ごしてもらいたいですよね。

自分の住んでいる地域にラジオ体操がある場合、ぜひ積極的に参加してくださいね。

Sponsored Link