Sponsored Link

九条ネギをご存知ない方は少ないのではないでしょうか。
ですが知っていても買うことがないというのは私だけですかね。

長ネギより少なめで長ネギより高価なため節約を重視する主婦にはあまり人気のない食材かもしれません。

私もその一人です。
作りたいレシピに書いてあったとしても長ネギで代用できるでしょう!と高を括っているところがあります。

ですが今回九条ネギを調べるに当たり、やはり代用ではなく九条ネギと書かれたレシピには九条ネギを…と心を改めました。

ですので、これを読む節約重視主婦の方にも九条ネギの素晴らしさをお伝えできればと思います。

九条ネギの特徴♪旬はいつ?

まず九条ネギの特徴から書いていきたいと思います。
九条ネギの見た目は、白い部分が長ネギと比べ短く、緑の色をした部分が多いのが特徴と言えます。

また、ネギというよりはニラなどと見た目は似ていて葉の部分が長いです。

味の特徴としては、長ネギは辛くツーンとした味わいなのに対し、九条ネギは甘く葉の部分にはぬめりがあります。

そのぬめりは、甘味を多く含むために出てくるもので、旬の時期である1月から2月にかけて非常に多くなります。

越冬という言葉を耳にしたことはありませんか?

越冬した野菜は全ていつも口にしているものよりも甘くなるのが特徴であることから、より人気を得ています。

九条ネギは、寒さで甘味を沢山蓄えた状態の冬時期が一番の旬と言われているようです。

このことから、長ネギとは違った味わいが楽しめる食材であることがわかりますよね。

九条ネギの美味しい食べ方は?おすすめの料理を紹介♪

九条ネギの美味しくいただく食べ方としてあげられるのは、甘味を活かしたサラダが人気のようです。
ぬめりもあるため和え物にも適していると言えます。

また、九条ネギの白い部分もお肉や魚などの臭み抜きに使用できるため、九条ネギは全く捨てる部分がないのもいいですよね。

おすすめの料理としては、意外にも九条ネギをただ炒めるだけの炒め物がおすすめです。
素材の味を生かし、それだけでも美味しくいただけるなんて驚きですし、主婦としてはそんな便利な食材だったとはと驚きです。

他にも、豚肉と九条ネギを炒めたものなど、やはり九条ネギ少し高いだけあって素材の味をしっかり楽しめる調理法が人気と言えます。

ネギは切り方で味が違うって本当?

本当です。
これは主婦の皆さん少なからず実感してますよね。

私はまだまだ主婦歴浅いですが、実家にいたときに母が作ったものでは感じたことがありませんでした。

ですが、自分で三食全てを作るようになってネギってすごいと思うことが多くあります。

薬味として細かく刻んだ時はとても辛くて後味も「ネギ!」ってわかるぐらい残ることがありますよね。

それとはうって変わって白髪ネギなんて、甘味を感じます。

また輪切りにした状態で鍋に入れるとしっかり鍋の中に味が染み込んで美味しく煮えますよね。

こういった様々な使い方のできるネギは、買い物の時についつい買ってしまいますよね。

まとめ

Sponsored Link

今回九条ネギについて調べることができてとても特した気分です。
料理の幅がまた広がったように思います。

私の住んでいる地域は高いイメージですが、住むところが違えば価格も違いますし、長ネギよりも九条ネギの頻度の方が高いところもあります。

こういった地方で色々な食文化がある日本のよさも調べていて実感することができました。

次の買い物、九条ネギを見かけたら炒めて食べたいなと思います。

Sponsored Link