Sponsored Link

アメリカのシアトルで誕生したスターバックスですが、今や、日本でも全都道府県に店舗を展開しています。

様々なメニューがあり、カスタマイズできるので、自分の好みのコーヒーを飲むことが出来ます。
ゆっくりとくつろげる店内には、
パソコンを使って仕事をしている人や、友人とおしゃべりをしている人、一人で本を読んでいる人など、
それぞれの時間を楽しんでいる方が多くいます。

スターバックスの店内は地域によって様々な工夫がされています。
オフィスが多く、ビジネスマンが多く利用する店舗では、パソコン作業が行いやすいような机の高さや配置になっています。

そのような心使いが人気の理由かもしれません。今回は、そんなスタバのドライブスルーについて紹介します。

ドライブスルーでもタンブラーの持ち込みはできる?

ドライブスルーは、車社会の日本においてとても便利なシステムです。
車を降りることなくコーヒーを注文し、購入することが出来るので、時間の節約になります。

スタバをよく利用される方であれば、知っていることかもしれませんが、
スタバで、マイタンブラーを持ち込み、そのタンブラーに商品を入れてもらうと、20円引きになるというサービスがあります。
ドライブスルーでも、そのサービスを利用することは可能です。

注文の際に、マイタンブラーに入れて欲しいという旨を伝えると、きちんと対応していただけます。

ドライブスルーでもタンブラーの購入はできる?

環境にも優しいマイタンブラーは、
商品代金から20円引いてもらうことが出来ますので、持っていて損はありません。

スタバでは、タンブラーを購入するすることもできます。
様々なサイズがありますので、自分に合ったものと選ぶと良いでしょう。

便利なドライブスルーでは、店内と同じサービスを受けることが出来ますので、
タンブラーの購入も、もちろんできます。注文をする際に、タンブラーも購入したいというと、きちんと対応してもらえます。

ドライブスルーでもスタバのメニューは同じ?

スタバのドライブスルーは、店内よりもメニューが少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。

実際に、ドライブスルーのメニューは店内よりも種類が少ないのです。
しかし、それは、スタバのメニューが多いため、ドライブスルーのメニュー表に入らないだけのことです。

実際に、ドライブスルーのメニューにないものでも、
店内で頼むことが出来るメニューであれば、注文することが出来ます。

もちろんフラペチーノも購入できますので安心してください。

まとめ

Sponsored Link

スタバは好きでよく行くけど、ドライブスルーは何となく不安で利用していなかった人も多いと思います。
しかし、スタバのドライブスルーは、
ディスプレーに様々な情報を映し出してくれる機能があります。

サイズが分かりにくいことを伝えると、サイズの画面にしてもらうこともできます。
また、自分が注文したものなども、きちんとディスプレーに出てきますので、
頼み忘れや金額の確認などに便利です。

車で移動することがある方は、ぜひ一度、利用してみてください。

Sponsored Link