Sponsored Link

皆さんは、名古屋名物といえば、何を思い浮かべますか。

味噌煮込みうどんやひつまぶし、みそカツや名古屋コーチンなど、意見は様々だと思います。

名古屋めしは、みそが多く使用されていたり、香辛料がたくさん使われるなど、独特な食文化が存在しています。

味はどちらかというと濃いめのものが多いようです。

名古屋めしの中に、手羽先があるのをご存知でしょうか。

世界の山ちゃんや、風来坊は名古屋にある手羽先を楽しめるお店の中でも有名なお店です。

ビールのお供としても、ぴったりの手羽先ですが、この二つの有名店には、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、数ある名古屋名物の中から、手羽先について紹介していきます。

世界の山ちゃんと風来坊の味の違いについても紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

名古屋の手羽先♪世界の山ちゃんと風来坊の違いは?

世界の山ちゃんと風来坊の見た目の違いは、手羽先の先の部分が付いているかどうかというところです。

世界の山ちゃんの手羽先には先の部分が付いていますが、風来坊の手羽先には先の部分が付いていません。

先の部分があると切るのが手間ですが、美味しいところが味わえますよね。

先がないと、食べやすいですが、少し損した気分です。

味は全く違います。

世界の山ちゃんの方は、少し辛めの味付けになっています。

風来坊の方は、逆に甘辛に仕上げてあります。

同じ名古屋名物の手羽先ですが、この二店は味が全く違うのです。

人気があるのは?どっちのお店がおすすめ?

せっかく名古屋に行くのであれば、どちらの手羽先も味わってみることをお勧めします。

同じ手羽先といえども、お店によって味が違いますので、二つの手羽先の味を楽しむことが出来ます。

一般的には、家族連れの方や、辛いのが苦手な方は、風来坊の手羽先の方が人気のようです。

甘辛の味付けですので、子供にも人気があるのです。

お酒のつまみとして手羽先を楽しみたい方には、世界の山ちゃんの手羽先が人気です。

コショウの辛さがあるので、ビールが進むこと、間違いなしです。

個人的には、辛いものが好きなので、世界の山ちゃんの手羽先がお勧めです。

好みの味を見つけてくださいね。

まとめ

Sponsored Link

名古屋には、独特な食文化があります。

少し濃いめの味付けですので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

しかし、手羽先に関しては、お店によって、様々な味が楽しめますので、色んなお店に行くことをお勧めします。

ぜひ、名古屋めしを楽しんでくださいね。

Sponsored Link