Sponsored Link

みなさん和菓子はお好きでしょうか。

私は羊羹が大好きでよく買って食べています。

地域によっては、聞いたことのない人がいるかもしれない和菓子の1つが、ういろうかも知れません。

私は北海道出身でしたので、ういろうは大人になってから知りました。

このういろうは名古屋名物とも言われていますが、ういろうが有名なのは名古屋の他に山口も名を連ねます。

ういろうについても詳しく聞く機会がなかったため、その説明を含めて書いていきたいと思います。

名古屋だけじゃない!山口県もういろうが名産?

「ういろう」と検索してみると先に出てくるのは名古屋でした。

名古屋には様々な名物があり、最近ではレゴランドも開園したことから名古屋のお土産を貰うことも多いのではないでしょうか。

お土産を買う側も、名古屋にしかないものをと考えてういろうをチョイスすることがあるかと思います。

ですがなにも、ういろうは名古屋の名物というわけではないのです。

名を連ねるは山口県。
こちらもういろうが有名なのです。

ですがあまりにも名古屋が有名なためか、山口県のういろうには「山口ういろう」と地名が入っていることがあります。

名古屋と山口のういろうの違いは?

では実際にどんな違いがあるのか。
調べると意外にも沢山の違いがあることが判明しました。

まずは、名古屋のういろうから説明したいと思います。

名古屋のういろうはうるち米から作っている米粉を原料にしています。
食感としては、もっちり・もちもちっとしているようです。

名古屋のういろうが有名な理由としては、昭和39年に新幹線が開通した際、新幹線の中で販売された「青柳ういろう」が名物となり有名になったようですよ。

では次に山口のういろうの説明をしたいと思います。

山口のういろうはわらび粉という粉を原料にしています。
食感はプルプルとしているようですよ。

種類も豊富で、真空されているものや生のものもあり、お土産で日持ちの良いものじゃなくてはいけない時以外は生がオススメのようですよ!
(ただし、生と真空は包装に違いがあるだけで中身はなにも変わりはありません)

名古屋と山口の違いは原料や味の豊富さなども違い、意外と共通点は少ないようです。

ういろう対決!名古屋と山口、どっちが美味しいの?

調べてみてもあまり比較されない商品のようですが、名古屋のういろうはあまり人気とは言えないものなのかなといった印象を受けました。

人にはやはり好き嫌いがあるようにういろうにも好き嫌いがあるようです。

山口のういろうもやはり好き嫌いが分かれているのが現状です。

こう考えると良いでしょう。
もちもちが好きな人には名古屋のういろう。
プルプルが好きな人には山口のういろう。

そうやって考えると、ういろうを買う際に悩まなくて良いかも知れませんね。

まとめ

Sponsored Link

今回ういろうの記事を書くまで、正直ういろうという言葉を知っていただけでどんなものなのかがわからず、どこの名物なのかも分かりませんでした。

調べてみて和菓子が好きな私としては食べ比べがしたくてたまりません。

最近は取り寄せも出来るようなので、興味がある方や私みたいに食べ比べがしたいという方はオススメですよ。

Sponsored Link