Sponsored Link

日本には昔から、正月におせち料理を食べる風習があります。
もともとは季節の変わり目である「節」にお供え物をし、宴を開く時にふるまわれる宮中料理でした。

それが次第に庶民にも浸透していき、
子孫繁栄や家内安全、豊作は長寿の願いを込める、お正月の定番料理として定着していったのです。

昔の人はすべて手作りでおせち料理を作っていました。
しかし、最近では、おせちは作るものから買うものへと変化しつつあります。

たくさんの百貨店やスーパーなどでおせち料理を買うことが出来ます。
コンビニでも、かなりクオリティーの高いおせちを買うことが出来ます。

今回は、コンビニの大手、セブンイレブンとローソンのおせち料理について紹介します。
来年のおせちはどこで買おうかと迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

2018年のコンビニおせち♪セブンイレブンの口コミは?

セブンイレブンのおせちは昨年29万個も売り上げた、人気商品です。

コストパフォーマンスが良く、値段の割に、しっかりとしたおせちです。ラインナップは、

極尽おせち三段重(税込み32.400円)
寿おせち三段重(税込み16.200円)
おせち一段重(税込み9.720円)
などです。

他にも様々な商品があります。

金額や量がいろいろあるので、自分のスタイルに合ったものを選ぶことが出来ます。
去年、セブンイレブンでおせちを購入した方々の口コミで、一番多かったのが豪華であるということです。

見た目が華やかであることは、、
新年を迎えるお正月にぴったりではないでしょうか。

また、味に関しても、子供からお年寄りまで美味しく食べることが出来たと、とても好評です。

2018年のコンビニおせち♪ローソンの口コミは?

ローソンのおせち料理は、どのコンビニよりも早く予約が開始されました。
食材にこだわったおせちを楽しむことが出来ます。ラインナップは、

プレミアムおせち三段重(税込み33.000円)
和風おせち三段重(税込み16.500円)
洋風おせち三段重(税込み14.800円)

など、和風が好みの方にも洋風画好みの方にも楽しむことが出来る商品です。

また、ローソンのこだわりは、地域限定発売のおせちがあるということです。
近畿地区限定おせちや九州地区限定おせちなど、その土地でしか食べることが出来ないおせちがあることも、人気の理由かもしれません。

去年、ローソンでおせちを購入した方々の口コミでは、
食材が大きく、豪華に感じるという意見がありました。

また、それぞれの料理に味がしっかりとついているので、お酒のつまみにぴったりであるという意見もありました。

セブンとローソン、どっちのおせちの評判が良い?

セブンとローソンのおせちは、どちらも人気があります。
価格や味、見た目など、どれをとっても互角であると言えます。好みや家族構成、家族の年齢層によって、評判はかなり変わります。

例えば、子供からお年寄りまで幅広い年齢の人がいる家族であれば、
様々な料理が入り、味付けが上品で、万人受けする、セブンイレブンのおせちが良いでしょう。

また、夫婦二人の過程で、二人ともお酒を飲みながらおせちを食べるのであれば、
味がしっかりついてお酒に合うローソンのおせちがぴったりです。

家の近くにあるということや、ポイントをためているということもおせちを選ぶ基準になるかもしれません。

まとめ

Sponsored Link

コンビニおせちは、昔とは比べ物にならないくらい美味しく、こだわりを持ったものになっています。
いつでも注文できるところもコンビニおせちの利点と言えるでしょう。

忙しくておせちを作る暇がない人はぜひコンビニおせちを利用してください。
また、美味しいおせちを探している人にも、コンビニおせちはお勧めです。

こだわりを持ち、厳選した食材を使用したおせちは、まさに一年の初めにふさわしい、上質な味わいです。

Sponsored Link