Sponsored Link

オランダが発祥の人気キャラクターといえば、ミッフィーを思い浮かべる方が多いと思います。

実際にオランダでも、ミッフィーはとても人気あります。

日本でも、テレビでアニメが放送されるなど、大人から子供まで、ファンの多いキャラクターです。

日本ではまだあまり知られていませんが、オランダには、もう一つ人気のものがあります。

それがイップとヤナケです。

聞いたことがないという方もいるかもしれません。

今回は、イップとヤナケについて紹介していきます。

絵本のあらすじなども紹介していきますので、子供に読んであげたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

オランダで大人気!イップとヤナケとは?

イップとヤナケとは、オランダで大人気の絵本のことです。

絵本というと、カラフルな色使いで、子供たちの目を引くというのが普通だと思います。

しかし、このイップとヤナケという絵本は主人公が影絵風に描かれています。

そうすることで、読み手が自分を主人公に重ねられるという工夫なのです。

この絵本に登場するのは、男の子のイップと女の子のヤナケ、そして犬のタッキーとシーピーです。

登場人物が少ないというところも分かりやすく読みやすいポイントです。

絵本「イップとヤナケ」のあらすじ

日本の昔から読み継がれている絵本は、どの物語にも、教訓のようなものが隠されています。

はなさかじいさんは、良い行いをすると、良いことがあるということを教えてくれます。

また、浦島太郎は、困った人を助けると、幸せな時間が待っているということを教えてくれます。

しかし、このイップとヤナケは、教訓というものはなく、ただ、読んでいて楽しくなれる絵本なのです。

あらすじとしては、イップとヤナケが家でおままごとをして遊ぶ様子や、外で木登りをしている様子など、日常的な無邪気な姿を描いています。

この絵本を読んでいると、子供は、自分も楽しく遊んでいるような、わくわくした気持ちになります。

大人が読むと、昔遊んでいたことがよみがえってくるような、懐かしい気持ちになります。

イップとヤナケの特徴は、挿絵のシンプルさにあります。

主張しすぎない挿絵は、スーッと私たちの心に入ってくるのです。

紀子様と眞子様の自宅にもあるって本当?

このニュースでも分かるように、紀子様と眞子様も、この絵本を読まれていたようです。

皇族の方が読まれている絵本ということで、とても良い影響がありそうな気がしてきますね。

まとめ

Sponsored Link

日本ではあまりなじみのないイップとヤナケですが、オランダでは大人気です。

皇族の方も読まれている絵本なので、安心して子供に読ませることが出来ますよね。

キャラクターとしても人気のイップとヤナケですので、ぜひ一度読んでみてくださいね。

Sponsored Link