Sponsored Link

夏休みの宿題、高校生の皆さんはどんな風に計画を立てて進めているでしょうか。

高校生の中には進学をせずに卒業後就職をする人もいますよね。

人生最後の夏休みと浮かれてしまって宿題が疎かになってしまう人もいるのではないでしょうか。

夏休み最終日に焦って宿題をしようとする人もいれば開き直って宿題自体を放棄する人も中にはいるのでは?

上記のような高校生の新学期初登校での乗り切り方をご紹介します。

夏休みの宿題が終わらないと嘆く高校生は多い?

現にこの記事を書く私も宿題を溜め込むタイプでした。

同級生の過半数が宿題に手をつけていない状態で夏休み最後の週になり焦って終わらせているのをよく耳にしていました。

ですから自分だけじゃないといった安心感から中々溜め込まない人間にはなれず、高校はおろか小中学校も沢山宿題を溜め込んでいました。

調べてみると、実に半数の人が溜め込むまではいかなくとも焦って宿題を終わらせた。もしくは、終わらなかったという結果でしたよ。

先生からの印象が悪くない言い訳を考えてみた!

先生からの印象が悪くならない。

そんな言い訳は多分ありません。

まず、先生はすべてお見通しです。

小学校の頃人数が少ない学校だったからというのもありましたが、先生に焦って宿題を終わらせたことがバレました。

理由を聞くと「焦ってやるとその日に何枚も宿題を終わらせなくてはいけないため、宿題のすべての字が同じになる」と言われました。

数字や漢字などの文字すべてが毎日少しずつ変化するのに対し同じ日にやったものは変化がなくすぐにバレてしまうのだとか。

ですので、言い訳というよりは素直に謝罪をするべきともいえます。

どんな言い訳を並べても先生には通用しないことが多いので、心から反省した態度を見せましょうね。

あえて休むことで宿題を終わらせるのもアリ?

これはナシです。

宿題を溜め込んだのは上記でバレることはお伝えしましたよね。

溜め込んだことがバレバレの状態で登校日初日を欠席してまで終わらせるのは少し態度が悪く見えます。

こういった場合も、登校日にちゃんと投稿して終わらなかったと反省した上で、家で宿題を終わらせて翌日に提出した方が内申点は上がりますよ。

私がおすすめする対策はコレ!

小学校ではよくありますが、夏休みの計画表を書いておくこと。

高校生の夏休みといえば夜更かしして朝は好きな時間に起きてお友達と遊んで、また夜更かしをして…

そういったことが幸せと思いがちですが、それは違います。

日中明るい時間に外に出て海に行ったり友達と遊び、夜はしっかり寝て朝は早く起きる。

こういった生活こそ夏休みを充実したものへと導いてくれるのです。

ですので、そういった気持ちを込めて起きる時間寝る時間、宿題をする時間を大雑把でいいので決めて過ごすとより休みを満喫できますよ。

小さな目標を1つ1つ達成することの喜びを知っていただけたらいいなと思います。

まとめ

Sponsored Link

大人になって夏休みの有意義な過ごし方がこれだ!と分かってきました。

学生時代の自分に伝えてあげたい気持ちでいっぱいです。

いろんなことが忙しい高校生。

バイトや友人関係、宿題や勉強、遊びなど様々なことを1日24時間でこなさなくてはならない。

本当に忙しく大変だと思います。

ですが、人生のうちのたった3年の貴重な時間です。

今がよければいいと言ったことはありません。

今後の生活につながるような夏休みに出来るよう祈っていますよ。

Sponsored Link