Sponsored Link

お祭りに欠かせないものといえば、やはり法被ですよね。

背中に「祭」と書かれている法被などを着ている人を見ているだけで、こちらまで気分が盛り上がってきます。

お祭りは、毎日あるものではなく、あったとしても、一年に2~3回くらいです。

自分が法被を着て、参加するお祭りとなると、もっと少ない頻度になるかもしれません。

あまり着る機会のない法被だからこそ、着方が分からないという方も多いかもしれません。

毎年どのように着ていたのか迷ってしまう方もいることでしょう。

日本の伝統衣装である法被ですので、人に聞くのもなんだか恥ずかしいですよね。

今回はそんな方のために、法被の着方について紹介していきます。

お祭りがある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

法被の正しい着方は?襟は左右どっちを上にする?

法被を着る時に一番迷うところは、やはり襟の重ね方ではないでしょうか。

この動画を見ると、はっきりしますよね。

襟は、左が上にくるように重ねるということです。

右利きの方は、自分の利き手から入れると覚えると良いかもしれません。

動画でも言われているように、間違えて、右が上になってしまうと、死人の衣装になってしまいます。

周りの方に指摘されてしまうと、せっかくのお祭り気分が台無しになってしまいますよね。

法被を着るのはそんなに難しいことではありません。

しかし、襟の入れ方は、一番重要な部分ですので、しっかりと確認してから着るようにしてください。

左が上にくるように着るということをしっかり覚えておきましょう。

子供や女性だと着方は違う?

お祭りは、男性だけのものではありません。

女性や子供も、法被を着てお祭りに参加している姿をよく見かけます。

女性や子供も、法被の着方は基本的に同じです。

襟の入れ方は、右から入れて、左が上にくるようにします。

この方法はどの方でも同じですので、しっかりと覚えておきましょう。

法被のおしゃれな着こなし方はある?

法被をお洒落に着こなすコツは、まず、色使いです。

法被と帯の色を反対色のようにはっきり区別すると、メリハリが効いて、かっこよく仕上がります。

白系の法被なら黒系の帯、というように、法被と帯の色を工夫することでかっこよく仕上がります。

また、女性であれば、髪の毛のアレンジ一つで、お洒落になります。

アップスタイルで元気にお祭りに参加すると良いでしょう。

まとめ

Sponsored Link

お祭りには欠かせない法被ですが、着方を間違えると、みんなに笑われてしまいます。

襟は、左が前にくるように着てくださいね。

帯や髪のアレンジで、お洒落に法被を着こなしてください。

上手な着こなしで、お祭りを楽しんでくださいね。

Sponsored Link