Sponsored Link

近年、ビールは缶に移行してきつつあり、小さい子達が栓抜きを見る機会が少なくなっています。

大人でも宴会の席などでしかあまり見ないビール瓶ですが、もしバーベキューなどでビール瓶はあるけど栓抜きが見当たらない!と言った時。

困らないように、身の回りにある物を使ってあける術をお教えしたいと思います。

栓抜きが無くても大丈夫!コインを使ったビール瓶の開け方【動画】

栓抜きが見当たらない時のビール瓶をあけるための道具としてまずは、コイン!

お財布の中の小銭を用意してください。
大きいと引っかかりが大きくなるので初心者の場合は500円玉があったらラッキーです!

やり方はとても簡単で、テーブルもしくは硬い丈夫な台の端にコインを乗せ、利き手ではない方でコインを押さえつけます。

そしてビール瓶の栓をコインに引っ掛けるように勢いよく下へスライドします。

栓抜きできた後に勢いよく持ち上げてしまうと、ビールを振ってしまう→泡が出てしまいます。

栓抜きをした後はゆっくり持ち上げるようにしましょう。

スプーンを使ったビール瓶の開け方【動画】

スプーンでの開け方は、持つ部分でもスプーンの先でも開けられます。

ビール瓶の口を利き手ではない方でしっかりと握ります。
スプーンを利き手で持ち、栓をくり抜くイメージで上の方向へ持ち上げると抜けます。

スプーンでの栓抜きにはコツがあります。
それは短く持つこと。

テコの原理でしょ?と思っていたのですが、なにしろ栓の幅が小さいため、長めに持ってしまうと栓からずれてしまいます。

ですので、短く持って開けるようにしましょう。

割り箸を使ったビール瓶の開け方【動画】

割り箸の開け方は主にスプーンと変わりません。
割り箸は繋がっている丈夫な方で開けるようにしてください。

スプーン同様に短く持って開けると良いでしょう。

コツをしっかりおさえるとすんなり開けられるようになるため、かっこいい一面を見せたいと思っているそこのあなたは、練習してみると良いかと思いますよ!

他にもある?栓抜きが無くてもビール瓶を開ける方法を紹介

栓抜きに使える物は沢山ありますよ!
それは、プルタブと箸。

プルタブを栓にしっかりはめ込み、プルタブの穴に箸を入れて栓を箸とプルタブで挟むようにして箸を持ち上げると開けられます。

あとは、鍵も近くにあるものとして栓抜きの代用品になりますよ!

鍵での栓の開け方はスプーンや割り箸と同じです。
栓と瓶の間をこじ開けて隙間を作り、上に持ち上げるとスポンと栓を抜くことができます。

まとめ

Sponsored Link

ビール瓶はあまり開けたことがありませんが、栓抜きでも意外と力が入りますよね。
今回紹介した栓の抜き方も少々力が必要です。

ですが、わざわざその時のために栓抜きを買うとなると出費になりますよね。

ですので、ちょっとかっこいい一面を見せるべくコツを掴んでそこらにあるもので栓を抜いてみるといいかと思いますよ!

Sponsored Link