Sponsored Link

日本には、様々な国の料理が食べられるお店がたくさんあります。

イタリアンやフランス料理、中華料理などは、日本中、どの地域でも食べられる料理ではないでしょうか。

また、最近はインド料理のお店も増えてきています。

インド料理というと、カレーやナンを思い浮かべる方がほとんどだと思います。

しかし、他にも、インドには魅力的な食べ物がたくさんあるのです。

その中の一つに、ドーサというものがあります。

初めて聞いたという方も多いかもしれません。

そこで今回は、インド料理のドーサについて紹介していきたいと思います。

ぜひチェックしてみてくださいね。

南インド料理「ドーサ」の正しい食べ方は?

南インド料理のドーサとは、見た目がクレープのようなものです。

原料は、米粉や豆の粉、水などです。

それらを混ぜた生地を一晩寝かせて発酵させ、鉄板で薄く焼いたものがドーサです。

食感や、発酵食品の独特の酸味などが魅力の料理なのです。

日本でドーサを食べる際は、予め、カットされて出てくることもあります。

しかし、カットされていない場合、ナイフで切りながら食べるか、手でちぎりながら食べることになります。

ドーサを美味しく味わうために、おすすめの方法は、まず、生地そのものの味を楽しむため、何もつけずに食べます。

その後、サイドに添えられっているソースなどを付けて食べます。

そうすることで、2度違う味を楽しむことが出来るというわけです。

残りのドーサは自分の好きな食べ方で食べると良いでしょう。

インド料理は左手を使わないのがマナー?右手だけで食べるコツは?

インドでは食事の際、左手を使わずに、右手のみで食べます。

これは、インド特有の文化なのですが、左手は、不浄の手とされているからです。

トイレなどで使用する手は左手なので、左手は汚れているものとされます。

そのため、食事は右手で行うのが基本のようです。

日本でドーサを食べる時には、あまり深く考えなくても良いと思いますが、インドに行って、ドーサを食べる際は、きちんと、その国の文化に従って食べる方が良いでしょう。

ドーサは、カレーなどに比べると、右手だけでも食べやすい料理です。

食べ物を右手だけで固める必要がないため、意外と簡単に食べることが出来ます。

インドに行く際は、お家で右手の練習をしてから行くと、向こうに行った時に焦らなくて済みますよ。

ドーサの作り方♪自宅でも作れる?

ドーサは、材料を集めることが出来れば、簡単に作ることが出来ます。

まず、ウーラッドダルとチャナダル、フェネグリークをボールに入れ、一晩水に浸しておきます。

米粉も同様に水に浸しておきます。

ウーラッドダルの方の中身をミキサーにかけ、米粉の中身と混ぜます。

そのまま暖かいところで発酵させます。

生地がとろっとしてきたら、水を少しずつ足していき、クレープの生地くらいの状態にします。

その後は薄く焼くだけです。

まとめ

Sponsored Link

南インドではよく食べられているドーサですが、日本では、あまり知られていません。

本場のインドでは、右手だけを使って食べるのが普通ですが、日本ではあまり細かく気にする必要はありません。

思うままにドーサを楽しんでくださいね。

Sponsored Link