Sponsored Link

7月7日に向けて毎年各地で催しに向けて準備がなされ6月頃からは短冊が目に付くところによく置いてありますよね。

毎年短冊に書かれている面白いネタを探している、もしくは考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は短冊がどれだけ楽しいものなのかお伝えしていきたいと思います。

短冊に願い事!七夕は大人でも楽しめる?

大人でも大いに楽しめます。

ただし、TPOはわきまえてください。

例えば病院の短冊に病院では笑えないようなネタを書いてしまったら一巻の終わりですし、田舎で書いた人が特定されてしまうネタもNGです。

なので面白い短冊を書くとしたらあまりゆかりのない、遊びに行った外出先が大人にはいいかもしれません。

家族連れに最適!子供にもウケそうな面白いネタは?

調べて見た結果から1つ1つ解説をしていこうと思います。

お父さんやお爺ちゃんにまつわることを書く子供が多くいました。

なのでネタとして書くとするならお父さんやお爺ちゃんに触れるようなネタにしたいものですよね。

多くあったのは、ハゲいじり。

毛が増えますように。が多く見受けられましたよ。

いろいろ見てみると、家族だからこそのイジリが多くありました。

「パパの足がいい匂いになりますように」

「パパが職場の変なあだ名で呼ばれないように」

中にはママからパパに怖い告白をしている短冊も…

「夫が店員さんとの不倫をやめてくれますように」

こ、これは…こわい。

愛が深まる?恋人にも喜ばれそうなネタは?

愛が深まると言えばやっぱり愛してるー!を公に書くのがいいのかと思いますよ!

恋人の名前を書く。あるいは付き合えてなくとも好きな人の名前を書く。

そして愛を叫ぶ。

これは田舎であればあるほど恥ずかしいネタですが、直接いうのが恥ずかしい人ならこれを機に付き合えるかも?

「〇〇が好きだー!愛してるー!」

「〇〇結婚してくれー」

こういうプロポーズ短冊には、「伝える場所短冊とかダサい」などの短冊にツッコミを書く他人がいるので、それを見るとクスリと笑ってしまいますよね。

友人になら何でもアリ?爆笑を誘う面白いネタは?

友人同士なら、下ネタでもノリで書けるかもしれませんね。

というか、下ネタしかなさそう…

ですが、最近ではオタクさん達がこぞって好きなアニメキャラを使って願い事を書いています。

リア充という言葉が流行ってからは「リア充爆発しろ」といったことを短冊に書く人が多くいるようです。

そして、1人の友達をいじって「〇〇くん好きです」と男友達が書いていたり「彼女が出来ませんように」といじっていたりと面白く短冊に書かれているネタもありましたよ!

まとめ

Sponsored Link

大人になってから見る方が楽しいと思っていて、願い事を書く機会がなかったため、今年こそは書いて見たいなと思いました。

短冊に願いを書くことはとても素敵なことで、深い悩みを書いていたら誰かからメッセージが書いてあるかもしれません。

ですので、もう一度短冊の様子を見にいくのもまた面白いかと思いますよ。

七夕が楽しみですね!

Sponsored Link