Sponsored Link

夏休みになると、学校がない分、たくさん寝ることもできるし、遊ぶこともできるという学生は多いと思います。

しかし、部活をしている学生は、そうはいきませんよね。

学校の授業がない分、部活の時間が長くなる可能性もあります。

夏はとても暑い日が続きますので、運動部に所属している方などにとっては、大変な日々です。

部活が楽しくて、どんなことよりも部活を優先したいという方は良いのですが、部活のほかにもやりたいことがある方は自分の時間が取れずにつらい思いをすることもあるかもしれません。

そこで今回は、部活に行きたくないと思った時に使うことが出来る、部活を休む理由を紹介していきます。

中高生は、ぜひ参考にしてしてみてくださいね。

夏休みの部活はめんどくさい?行きたくないのが普通?

普段の部活は、学校の授業が終わった後、2時間から3時間行う学校が多いようです。

2時間から3時間であれば、少々きつい練習も耐えることが出来ますよね。

しかし、夏休みになると、練習時間はかなり増えてきます

暑さに加え、長時間の練習はつらいと感じる方は多いと思います。

夏休みに部活に行きたくないと思うのも当然です。

また、夏休みは、友人と遊んだり、自分のしたいことを思いっきり楽しむことが出来るチャンスです。

部活だけに時間がとられるのは困ると思う方も多いのではないでしょうか。

部活を毎日精一杯頑張るのも、素敵なことです。

しかし、学生時代の夏休みにしかできない経験をすることも今後の人生においては大切だと思います。

理由はそれぞれ違いますが、夏休みに部活を休みたいと思っている方は意外と多いのです。

中高生必見!部活を休むもっともらしい理由を考えてみた!

部活を休むためには理由が必要です。

正直に話すことが一番良いのですが、それでは休むことが出来ない部活の場合は、理由を考える必要があります。

嘘をつくと、それからずっと嘘をつき続けなくてはいけなくなります。

そのことをしっかり考えて理由を選んでくださいね。

理由1 仮病

頭が痛い、腹痛などの仮病は良く使われている理由です。

この場合、外をうっかり出歩いてしまうと、誰かに見つかってしまう可能性がありますので、外出しない日に使ってくださいね。

理由2 家庭の事情

学校の先生は、家の事情にはなかなか踏み込めないものです。

家の手伝いをしなくてはいけないという理由は、突っ込まれにくいものです。

理由3 部活がきつい

熱血の先生には根性が足りないと、怒られてしまいそうですが、部活がきつくて行きたくないということを正直に伝えても良いかもしれません。

ただ、遊びたいだけのために休みたい場合は使うことが出来ませんが、本当に部活がきつい場合、先生が何らかの対応をしてくれるかもしれませんよ。

まとめ

Sponsored Link

夏休みの部活は、時間も長いため、苦痛に感じている方も多いものです。

きつい練習を一緒に乗り越えた仲間とはが深まりますよ。

しかし、どうしても休みたい時があると思います。

そんな時は、もっともらしい理由を付けて、休んでくださいね。

Sponsored Link