Sponsored Link

台風が直撃するというニュースを見て旅行の予定があった方は欠航を心配するのではないでしょうか。
そんな不安を取り除くべく調べてきました。
実は国際線と国内線では欠航される確率は違うことを知っていましたか?
ご紹介していきたいと思います。

そもそも台風でも飛行機は飛ぶの?

上記にも言ったように、国際線と国内線では欠航の確率は違います。
国際線の場合は、ほとんど台風の影響を受けることはありません。
というのも、離陸時の滑走路の状況や雨雲の状況をみて運航時間の延長はありますが、欠航になる確率は低いです。

国内線は、台風時期に度々欠航になっているニュースを目にしますが、確率としては100回に1回に欠航になっているため、そんなに多くはないようです。
ですので、「台風直撃したし欠航だよなー」とお家で諦めて空港に向かわずにいると痛い目を見ることもありますよ。

台風で飛行機は大揺れする?

実際、飛行機は台風や豪雨で揺れると言ったことはありますが、台風などがなくても揺れることは多くあります。
雨雲や雪雲が主な飛行機の揺れの原因です。
この件に関してはわかりやすく言うと車で道路を走ったり、自転車で道路を走っている時。
ガタガタ道や大きな衝撃を受けるほどの道を通ることはありませんか?

飛行機もそれと同じなんだそうです。

雲が道路とすると、飛行機は車や自転車。
大きな雲に衝突すれば、飛行機だって揺れますし、それを避けるために奮闘するため曲がることだってあります。
それが台風の時は大きな段差のある道路が長く続いているため、大きな揺れも多くあるということです。
その揺れが大きすぎてお客様に危険があると判断された場合は、離陸した空港へと引き返すというわけです。

台風の影響で飛行機が欠航になる基準は?

各社それぞれ調べてみることにしました。
今回調べたのはANA、JAL、スカイマークです。
明確な基準は、それぞれ大差はないようですが風速25m以上になった場合。
離陸や着陸の際に台風の暴風域に入ってしまうと言ったことが挙げられます。
ANAは比較的悪天候での欠航は少ないようで、JALやスカイマークは欠航が多いなどの噂があります。
ANAに属するパイロットの腕がいい。とか、ANAは信頼できる。などの憶測が飛び交っていますが、それは違います。
ANAは比較的フライトのギリギリまで欠航決定を出しません。一番ギリギリだと1時間前。
ですがJALはお客様の大事を一番に考えているため、より早く欠航をお伝えしているとのことでした。
そのため、ギリギリで天候が回復した場合にANAはそのまま運行してしまうためJALの方が欠航していると勘違いを生むようです。
公式発表されている欠航便の多さでいうとANAの方がJALよりも多いのだそうですよ。

台風の影響で飛行機が欠航になるとチケット代金は払い戻される?

多くの場合は、払い戻しではなく振り替えとなることが多いですが、ちゃんと払い戻しはできます。
窓口で当日中に払い戻しをすることも可能ですが、その日の欠航が多いとそこが混雑します。
そのため、後日40日以内であることが必須ですがネットでの手続きも可能です。
こういったサービスを使い時間を有効活用して欠航してしまったその日をいかに楽しく過ごすか。
そんな考え方をするのもいいかもしれませんよ。

まとめ

Sponsored Link

私はまだ飛行機が欠航する場面に当たったことはありませんが、夏場は特に欠航で嫌な思いをしてしまうことが多いですよね。
ですが上記のようなことを、台風の中離陸した飛行機に乗り合わせた場合や欠航時の対応などを知っているとその日を乗り切ることができるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link