Sponsored Link

 

台風の日に誰しもがみんな見る台風中継。
台風が今どこにいてどんな状況なのかを知るにはとても大事なツールですよね。
でもあの中継、傘をさしながら恐怖であおられている姿を見ると目を覆いたくなります。
あの中継をなぜやるのか。また、危ないのでは?といった疑問を解決したいと思います。

台風の現場中継ってなぜやるの?危なくない?

まず台風中継は絶対になくてはいけないものなのでしょうか。
私達が普段台風の時に目にする光景は凄まじいものがありますよね。
というのも、冒頭でお伝えしたような傘が強風で折れているものを持ってリポートしている。
レインコートを着た状態でマイクと原稿用紙を持ってはいるけど音声も途切れ途切れで原稿用紙に至っては雨でぐしゃぐしゃ。
などと言ったことも多くありますよね。
実際に、視聴者からのクレームのようなレポーターを心配する声もあるようです。
ネット上にもそれはあるようで、疑問を想う人は多くいます。
ですが、それがないと台風の状況を家の中にいる人は把握することができません。
避難指示が出ている地域に至っては外出はおろか、建物の中にいなくてはいけない状況で台風がどの程度なのかもわかりませんよね。
その時台風の状況をいち早く伝えてくれるのが台風中継とも言えます。

でもそれはとても危険です。
海の近くで中継している場合は波しぶきを受けているリポーターもいれば、強風にあおられて喋れない人もいます。

視聴者が感じる程の危険な場所でリポートする使命感を持って中継をしてくれている人に感謝しなくてはならないのかもしれません。

現場アナウンサーのセリフが大げさ…もしかしてやらせ?

いいえ。そんなことは絶対にありません。
リポーターは喋ることができなければ仕事を果たせたとは言えません。
ですが、台風中継の日は喋れていないリポーターの割合が多いのです。
また、台風がどれだけ危険なものか、どれだけ大荒れしている天気なのかを伝えられなかった場合のことを考えてみてください。
台風の目に入った時や束の間の晴れた時の中継を見て視聴者が川の様子を見に行ってしまったら…
その方がよっぽど危険ではないでしょうか。
台風の時にお年寄りに多いのが、熟練の経験値で台風中継を見て「これぐらいなら」と外に出てしまい転倒するケース。
これが川や海の近くで転倒していたら…
きっと亡くなっていることでしょう。
そういったことを無くすためにも「酷い天候です」と伝える必要があるため、 大げさでも台風の危険性を伝える方がいいと思いませんか?

まとめ

Sponsored Link

わざわざ台風で大荒れの日に台風中継をする必要があるのか。
私はズバリ必要はあると思いました。
ご老人が台風時に外出中に転倒といったニュース。
場合によっては死亡に至るケースもあります。
そう考えると、どれだけ酷い状況かを誰かが伝えなくてはいけないと思うからです。
一般の人では伝えられないことを身をもって中継してくれるテレビ関係者に感謝を伝えなくてはならないと思いました。

Sponsored Link