Sponsored Link

近年外でのお花見よりも人気を博しているエア花見をご存知でしょうか。
若者はもちろん会社の花見すらもエア花見へと変わろうとしている中、エア花見を知らない人も多くいます。
エア花見を紐解いていきましょう。

エア花見とは?

エア花見とは、室内で花見を楽しむことを指します。
お外の桜を見られる場所でやるのも良しですが、中にはプロジェクトマッピングなどを使って花見をしている人もいます。
近代機器を使って楽しむ人もいるので古風な桜をじかに見ながら、花びらが落ちていくのを眺めながら…
なんてことは出来ないのですが、外での花見とエア花見を比較してどちらのメリットが多いか探ることにしましょう。

エア花見のメリット♪人気の秘密はどこにある?

エア花見のメリットとしてあげられるのは、外での花見をする場合、場所取りから1日が始まりますよね。
それは少し億劫なことではありませんか?
まだ肌寒い季節ですし、花見のニュースを見ると厚着をして震えながら場所取りしている人を多く見かけます。
会社で年下に頼む時にはパワハラなんて言われるかもしれませんよ…
ですので、場所取りのないエア花見はオススメと言えます。
そしてなにより、天気を気にする必要がないのもメリットですよね。

場所としてはレンタルスペースがあることやお家、桜が見えるカフェやレストラン、居酒屋でも大丈夫なため、その予約が必要とだけお伝えしておかないといけませんね。

場所としてはレンタルスペースがあることやお家、桜が見えるカフェやレストラン、居酒屋でも大丈夫なため、その予約が必要とだけお伝えしておかないといけませんね。

 

場所はどこでもOK?エア花見を楽しむための具体的な方法♪

上記にあるように、花見の人数が多ければレンタルスペースや居酒屋の貸切が必要となってくるかと思いますが、少人数や子供がいる場合は仲の良いお友達のお家に集まるのも1つの手です。

どこでやるにも、桜などのお花の飾り付けや桜が見えるところでの開催を心がけること。
どんなに桜が見える場所でもやはり飾り付けがあると、インスタ映えを意識する人向けにもなりますし、なにより気分が上がりますよね。

他にも、料理を豪華にする事も花見を盛り上げることへと繋がります。
レンタルスペースには、専属のシェフを呼ぶこともできます。
そうすると、料理の手間も減りますし美味しい料理をみんなでワイワイ食べることができます。
お酒を飲みながらお花見をしながら、料理も美味しいものが食べられるなんて、素敵な1日になること間違いなしですよね。

エア花見にかかる予算は?

予算としては、外でやる花見は大体1人2500円から3100円です。
エア花見は、 場所をどこにするか人数がどれだけいるのかにもよりますが、人数が多ければ多いほど1人1000円となるケースもありますよ。
レンタルスペースは1時間6000円からあり、シェフを頼めばその都度料金が発生しますが、この場合も人数が多ければ安く済みますよ。

まとめ

Sponsored Link

私は人生で未だ花見を経験したことがありません。
それも、寒いから行きたくないなーなんて思っていましたが、エア花見というものがあることをしり、行きたいと思うことができました。
レンタルスペースは、料理もプロに任せることができるなら、負担も軽減されます。
外でやる場合のゴミ問題もなくなりますよね。
今年の花見をまだやっていないなという方は、エア花見の検討をしてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link