Sponsored Link

日本に住んでいると、避けることが出来ないのは、様々な災害です。

地震や津波もそうですが、毎年必ず1つか2つ以上は発生する、台風も、やっかいです。

台風は、大きさにもよりますが、電車が止まってしまったり、船が運行を禁止します。

また、飛行機は当然飛びません。

旅行の予定を立てている方たちは、台風の進路や速さなど、とても気にかかります。

なるべく、台風が来そうな時期には旅行計画を避けた方が良いでしょう。

しかし、いつ来るのか分からないのが、台風の特徴です。

そこで今回は、日本の台風のシーズンを紹介します。

予め、シーズンを知っておくことで、様々な計画を立てる際の参考になると思います。

夏に旅行を計画している方は必見ですよ。

日本の台風シーズンはいつからいつまで?関東と沖縄で違いはある?

台風のイメージは、8月に多く発生するという方が多いと思います。

直近の10年分の統計を紹介します。

6月 1つ

7月 5つ

8月 5つ

9月 9つ

10月 3つ

他の月は台風の発生が0です。

このように夏にたくさん発生しているイメージの台風ですが、意外と秋にかけても発生しているのです。

最近は異常気象といわれているため、発生する時期は変化しています。

関東と沖縄を比べると、台風の発生時期は同じくらいですが、直撃する頻度はかなりの差があります。

関東に比べて、沖縄は、台風の直撃を受けやすい傾向があります。

旅行の計画がある方は注意が必要です。

一番台風の多い月は何月?

先ほども紹介しましたが、台風が一番発生しているのは、9月です。

地球温暖化アドの影響を受け、気候がかなり変化していますので、今後、台風のシーズンは変化していく可能性があります。

海水温が高いと、台風が発生しやすい状況になります。

そのため、冬よりも夏に発生することが多いのです。

台風シーズンの旅行で注意すべきポイントは?

台風シーズンの旅行で注意するべきことは、飛行機や新幹線の会社の、自然災害に関する対応です。

飛行機などは、会社によって対応が異なります

事前に、台風の場合、どのような対策があるのかを確認しておくことが大切です。

また、宿泊施設に関しても同じで、キャンセルの際の対応について調べておくと良いでしょう。

パックツアーの場合、そのツアー会社によって対応が異なりますので、事前に必ず確認しておきましょう。

しかし、基本的には、自然災害の場合、キャンセルに伴う料金などは自腹に

なる可能性が高いです。

まとめ

Sponsored Link

台風は、様々な交通手段に影響が出ます。

そのため、台風の多い夏に、旅行を計画する場合は、もしも台風が来た時はどのような対応を取ってくれるのかということを確認しておく必要があります。

できることなら、台風のシーズンを避けて旅行の計画を立ててくださいね。

 

Sponsored Link